語学の枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

ホンジュラス、自宅庭で原油を掘り当てて話題

政治・経済

 

ホンジュラスで原油が出ました。一般家庭の敷地に穴をあけたところ、原油と思われる黒いドロドロした液体が掘り当てられたのです。

液体に火をつけると燃えたため、この話題にも火がつきました。

自宅の庭を掘ったら原油が出てきてびっくり

敷地所有者の男性によると、庭に植物を植えようと穴を掘ったところ、中から黒い粘性の液状物質が出てきました。匂いがガソリンなどの揮発性の油に似ていたため、試にこの物質に火をつけたところ、勢いよく燃えたため、原油を掘り当てたと盛り上がっています。

原油らしき物質を掘り当てた男性は、ホンジュラス北部のヨロ県エル・プログレソに住んでいます。この住宅の中庭の一角を掘ったところ粘性の液体を発見しました。

専門家の意見は「おそらく原油」

掘り当てた物質のサンプルをホンジュラス電力公社(ENEE)の化学研究所で調べたところ、原油の持つすべての特性を示しました。しかしながら、実際に掘り当てた物質はごく少量であり、かつ非常に局所的な掘削のため原油であると特定する段階ではないと専門家は明言しています。

この液状物質が本当に埋蔵している原油なのかどうかは、さらなる掘削による調査が必要とのこと。ただし、発見されたエリアは住宅街であり、大規模な資源開発は制限されている区域のため、本格的な調査を実行することは難しいと考えられているようです。

https://www.laprensa.hn/honduras/993905-410/hombre-dice-haber-hallado-petróleo-en-su-casa-en-honduras

専門家、油田の可能性を示唆

石油資源の専門家は、ホンジュラス国内にも油田がある可能性があると断じた。この専門家は、この油田出現に不思議はないとの見方を示した。国内の北部や西部などで、油田の開発が可能になる可能性が十分にあるという。

https://tiempo.hn/experto-exista-petroleo-en-honduras/
スポンサーリンク
政治・経済自然・気候話題のトピック
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. 名無しさん より:

    両津を送り込もう

タイトルとURLをコピーしました