スペイン語学習のヒント

みんなで楽しむ、ラテン文化とスペイン語

de465f79.jpg


かつて、私が中米にいた頃に出会った怖い生き物を紹介します。

今回のテーマは「出合ったことのある「怖い生き物」は?」というお題への反応として作成しています。

1位:タランチュラ


人生初のタランチュラでした。

トップ画像の通り、至近距離にいました。しかも、ベッドの横。暗闇の中手を伸ばしたら、何かに触ってしまいライトをつけると、ヤツがいました。

何か捕まえていたようですが、追い払うことを必死に考えていたので、当時のことを思い出すことができません。

何で追い払えばいいのか、どうやって退治しようかと悩みながらも「あ、写真だけは撮影しなきゃ!」とカメラを探しに行った平常心だけは覚えています。

参照:タランチュラの世界

2位:大量の巨大アリにドン引き


7f87ce05.jpg


このアリは大きかった。
殺虫時でやっつけた後に、大きさごとに並べて撮影したものです。

写真で見ると小さく感じるのですが、手のひらに乗せるとゾッとします。マッチ棒のサイズと比較してもらうしか説明できないのですが、このアリ数百匹の大群に囲まれると、さすがに背筋が凍ります。

どこにいたかって?
部屋の扉の内側に巣食っていました。扉内部が腐っていたんです。

参照:巨大アリ帝国の怖さ

3位:バッタより大きいバッタ


ea5fe364.jpg


こいつには参った。

だって私の顔めがけて飛んできたんですから。慌てて叩き落としたら巨大なバッタでした。マッチ箱が小さく見えるのではなく、バッタが巨大なんですよ!

参照:昆虫はすごい

4位:ん?コレなんだ?


86ba0e87.jpg


カブトムシにも見えるし、カナブンみたいにも見える。結局、今も何の虫だかわからない。

大きさの対象に写っているコインは25セント硬貨です。ちょうど、10円玉と500円玉の中間くらいのサイズといえば、虫の大きさを想像していただけるでしょう。

この手のひらサイズの虫は、台所の床に転がっていたことは内緒です。

5位:カエル、私もう帰る


b9cf789c.jpg


両生類もあるレベルまでは「カワイイ」って感じるんですけど、ここまで生々しいとドン引きします。話によれば、このカエルは天然記念物に指定されている種の仲間なんだとか。

私にとっては、どうでもいい話。

番外編:自宅の前で出会ったトモダチ


ff4be1df.jpg


野生の猿に出会いました。しかも、握手できる範囲で。

警戒心が強いオスで、攻撃される可能性もありました。無理矢理手を伸ばして写真をパシャり。それが唯一近づくことのできた瞬間でした。

すべてが貴重な体験でした


これらの生き物たちとの出会いは、恐怖、驚き、ワクワク感と、五感をフルに使っても足りないくらいの刺激であふれていました。

こうした出会いの積み重ねで今の自分があり、強くなった自分がここにいるような気がします。本来であれば、もう一度ご挨拶に伺って…って行くわけねーよ!!

世界の奇妙な生き物図鑑
サー・ピルキントン=スマイズ
エクスナレッジ
2014-02-26




この記事が気に入ったら
友達と共有しよう!

スペイン語学習のヒントより最新情報をお届けします

イチオシのスペイン語教材

オススメ書籍一覧

コメント

コメント一覧

    • 1. 名無しさん
    • 2015年08月13日 18:17
    • オラウータンて意外にかわいいんだな
    • 2. 管理人
    • 2015年08月13日 18:24
    • サルです。現地、スペイン語でMonoと呼ばれていたので、やっぱりサルですよ。
    • 3. 名無しさん
    • 2015年08月14日 00:49
    • ※2
      ※1です サルとオラウータン勘違いしてすいません(汗)
      中米の生き物ってどれも魅力的ですね
コメントフォーム