「作って学ぼ!」みたいなタイトルに変更しようかと模索中

電子書籍サイトFeedbooks.comでスペイン語書籍を無料で入手

オススメ書籍

スペイン語の電子書籍が無料で入手出来る良質なウェブサイト「Feedbooks」の紹介。

Public Domain / Most Popular | Feedbooks
Free books for Android & iPhone/iPad

パブリックドメイン(著者の没後50年経過)の書籍が無料で入手でき、また、スペイン語以外の書籍も揃っているのでオススメです。

まずは無料書籍を読んでみよう

< href="http://www.feedbooks.com/books/top?lang=es&page=1" target="_blank">パブリックドメインの書籍はいわゆるスペイン語書籍の青空文庫的な書籍と同じです。著者の没後50年以上経過した書籍となり版権が切れていることから無料でダウンロード出来ます。

対応フォーマットはepub、PDF、Kindle形式(.book)となっているので現在世に出回っているおおよその電子書籍専用端末やタブレットなどに対応しています。

スペイン語書籍は100冊程度ダウンロード可能となっています。他にも、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語が用意されているので、興味ある方は是非!

Public Domain / Most Popular | Feedbooks
Free books for Android & iPhone/iPad

地底旅行をスペイン語で読んでみた

試し読みしてみたのはSF小説としては先駆的な存在として知られるジュール・ヴェルヌの「地底旅行」です。

スペイン語タイトルは「Viaje al centro de la Tierra」となります。日本でも有名な物語で地底探検という名で映画化もされています。

ストーリーは、鉱物学教授であるオットー・リーデンブロックが骨董店で購入した本に、暗号文のようなメモが挟んであることに気づくところから始まります。この暗号メッセージを解き明かしたのを機に、地底への冒険が進められていきます。

Viaje al centro de la Tierra / 地底旅行について

物語の構成は、小学生レベルとなっており、スペイン語中級者であれば十分理解出来るような平易な語句で物語構成されています。私は中級者より下のレベルと自負していますが、慣れない語彙を無視しても内容がある程度理解出来るので非常に読みやすいです。

難点として挙げるなら、SF系の探検ってことでちょっと特殊な用語が出てくることと、古典文学らしい違和感があることくらいです。

150年前のSF物語ですけど、スペイン語学習の材料としてはちょうど良いレベルの文章だと思います。まずは辞書なしで読み進め、物語の雰囲気を味わってみてください。

Feedbooks | Free eBooks and Best Sellers
Discover thousands of eBooks, including new releases and the best collection of free public domain books, that you can read on any mobile device.
スポンサーリンク
オススメ書籍学習の手引き
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました