創作活動の記録を残す場としてリニューアル中

水筒でドリップコーヒーを楽しむ便利ツール

4.5
マイボトルコーヒーライフスタイル
スポンサーリンク

水筒にコーヒーをドリップするのが楽しくなって、しかも、おしゃれなのに便利な道具を発見したのでシェアします。

見ての通り、水筒の口径サイズに対応した形で設計されたコーヒードリッパーです。これまで別の容器を介して入れていたコーヒーを、直接ドリップできるようになるという便利アイテムです。

スポンサーリンク

直接ドリップでアツアツコーヒーを!

水筒でコーヒーを持ち歩く最大のメリットは、冷めないこと。

普通のコーヒードリッパーですが、ステンレスボトルやマグカップなど口径が小さい容器にも対応したドリッパーとなっています。つまり、ペーパードリップで出来たてのコーヒーを他の容器を使うことなく直接水筒に入れルことができるということ。

本格的なミル挽きのコーヒーを持ち歩くことができるようになるのです。

ボトル内の湯量が確認できるようになることが最大のメリットかも

簡易フィルター付きのドリップコーヒーの方が便利で単価もお手頃じゃないかといわれてしまいますが、一つだけ欠点があります。

それは、お湯の量が確認できないこと。

フィルターをセットし、お湯を入れ始めたら、せっかくのドリップ中のコーヒーをこぼしてしまう可能性もあるため取り外すことができません。                      

ところが、スケーターのコーヒードリッパーであれば、ドリッパーを簡単に持ち上げられるので、水筒内のお湯の量を簡単に確認できます。あふれそうなくらいお湯を注ぐ失敗から解放されます。

ちょっとしたアイデア商品ですが、お湯の量を視認できるだけでも私のライフスタイルは激変しました。失敗だらけの便利グッズ集めでしたが、今回はかなりいいものを入手できた気がします。

参照:スケーター コーヒードリッパー

コメント

タイトルとURLをコピーしました