ブログタイトルをドメイン名と統一しました。

ドリップコーヒー、水筒ドリップ時に欠かせない100均アイテム

ライフスタイル

水筒でドリップコーヒーを飲みたいがために試行錯誤した体験記です。

水筒は口が狭いためドリップパックをセットするのが少々面倒です。ですので、これまでは、無理やり押し込むようにセットしたり、別のカプに一度ドリップしてから水筒にコーヒーを移したりしてました。

でも、そういった作業があまりにも面倒なので色々と試行錯誤した結果、シリコン製のジョウゴ(漏斗)に行き着いたのです。しかも100均ショップで見つけました。

スポンサーリンク

水筒でコーヒーを楽しみたい人は意外と多い

水筒でドリップコーヒーを楽しもうと考えている方は、私の周りにも結構います。で、ドリップコーヒーを楽しむためにスケーターのドリッパーを購入してる人、結構多いです。

豆にこだわりたいけど、持ち運びもしたい。そういうわがままな要望に答えてくれるのが、このコーヒードリッパーなのです。

ドリッパーの直径が水筒の口にぴったり入るよう設計されており、フィルターもずれることなくセットできます。しかし、ドリッパー自体は、そこそこの大きさがあり、合わせてフィルターも一緒に持っていく必要がありました。

豆にこだわることができる一方、携帯製を諦めなければならない点が、私にとっては大きな不満でした。

やっぱり100均の便利ツールはすごい

で、100均に出向いて買ったのが、シリコン製のジョーゴ。セリアでちょうどいい大きさのジョウゴがありました。

シリコン製ジョウゴ(漏斗)は、大きさも様々なタイプのものが販売されているので、自分の水筒にあった形状のものを比較的簡単に見つけることが可能です。なんでも揃う百円ショップには、感謝しかありません。

ジャバラ式で携帯製も抜群

シリコンなので耐熱性もあり、ジャバラ式で折り畳めるので持ち運びにもコンパクト。このジョウゴ(漏斗)にドリップパックコーヒーをセットすることで、ドリップパックのセッティング作業がめちゃくちゃ短縮することができました。

色素汚れがつくと洗い流しづらいのが唯一の難点

ただ、シリコン漏斗にも唯一の欠点があります。

それは、コーヒー色素の汚れが落としにくいこと。こればかりは、どうすることもできません。でも、百円ショップの商品なので「また買いなおせばいいかな」と割り切った使い方ができるので大きな問題ではないと考えてます。

100均ショップで夢膨らむライフハック

困ったら100均に行って物色。

次はなんの利便性を高めようかと100均ショップをあっちこっちフラフラするのが最近の日課になりつつあります。ライフスタイルを充実させるためのヒントが百円ショップにいっぱい詰まっていると思うと、ワクワクしちゃいますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました