次の活動を関西方面でやってみたいなぁ。誰かご一緒しませんか?

古代アステカの暦石「太陽の石」の消しゴムはんこを作った

作ってみた
制作期間は12日。不思議なパワーが宿りました
スポンサーリンク

メキシコ風の消しゴムはんこを作り始め、ハンコにするなら避けては通れないモノがあります。それが、今回作っている「太陽の石」

古代アステカ王朝の皇帝が作らせたとされるアステカの暦が刻まれた大きな一枚岩(モノリス)のこと。スペイン語でPiedra del Sol。現在は、メキシコ人類学博物館に展示されてます。

太陽の石 - Wikipedia

太陽の石は、アステカ文明の代表格とも言える遺跡の一つだし、メキシコといえば必ずでてくる名物の一つ。そして、この太陽の石をモチーフにしたお土産が現地メキシコでもめちゃくちゃ売ってるのでハンコのデザインとしては看過できないものです。

でも、すごく細かいし、ずっと見て見ぬ振りしてたけど、やっぱり避けては通れないので製作を決意しました。

太陽の石の消しゴムはんこを作る過程を見てみよう

下書きから、彫刻するところまでをツイッター上でも都度配信しながら作成しました。みんな、優しい反応を返してくれて盛り上がれたので、とても楽しかったです。

下書きを書き写し始めたところ
下書き完成。ここまでで3時間かかりました。目が疲れた。
ハンコ用消しゴムに絵柄を転写し、彫り始め。

絵柄の書き写しから、彫り始めのところまでに時間数でいえば7時間ほど。アイデア出しから数えれば3日ほど経過しています。

最も細かいところを掘り進めているところ。難所の一つ
細かい箇所は1日あたり4㎠程度しか掘り進められません

ここまでで1週間です。

パッとみた感じ、完成まで後少しと思わずにはいられないのですが、非常に細かい装飾が施された箇所でもあるので、簡単に掘り進めることができません。集中力も1日あたり2時間が限界なので、少しづつ少しづつ作業を進めています。

最後の仕上げは、一気に進めます。

80%ほど彫り進めた。もはや円グラフ。

完成!

制作期間は12日間。こちらの消しゴムはんこは、千葉県柏市のメキシコ雑貨店「ナダ」さんに寄贈する予定。詳細は追ってお知らせします。

サポテックラグとメキシコ雑貨のお店「nada」(ナダ)の通販
サポテックラグとメキシコ雑貨店「ナダ」の通販サイト。メキシカンラグの最高峰・草木染とウール100%の手織り絨毯サポテックラグ(タペテ)とメキシコを中心とした中南米のインテリア・雑貨を販売しています。お安く、丁寧に販売して皆様の多様なライフスタイルに貢献できればと願っております。千葉県柏市にも実店舗ございます。
あれはんどろ
あれはんどろ

よーく見ると、私のいたずら精神たっぷりのデザインになってます。みんなで探してね〜!

コメント

タイトルとURLをコピーしました