Amazon Music、Podcast番組の配信を開始

【消しゴムはんこ】過去に制作したデザインをリメイクしてみた

3.5
作ってみた

今から1年ほど前に制作したメキシコっぽい消しゴムはんこ。ふと制作当時の写真や印章を残したノートを見返したところ、当時の自分にダメ出ししたくなったので、どの程度実力がついたのか比較すべくリメイクしてみました。

1年前は、私が消しゴムはんこを作り始めた最初期。それから1年かけて道具や制作環境を整えた上で、同じデザインの消しゴムはんこを作って比較。

さて、上達できてるのかな?

今回はちゃんと「持ち手」を作ってみました。
昔の印章と比較。まずはサパティスタ。左が今回作ったもの。
サボテン。デザインを変えてみたけど好みが分かれそう。
昔の方がかわいいって、いろんな人に言われた。
あれはんどろ
あれはんどろ

新旧の比較でみると、道具を一新したことで、細かい描写ができるようになりました。ただ、昔の野暮ったい感じの方が可愛く見えるので、何が正解なのか分からなくなりました。

一番最初に作ったはんこ。すでにボロボロです。

こうして制作したものを比較しながら眺めていると、最初のものと比べれば、上達できてますが、まだまだ改善の余地がたくさんありそうです。

道具もいろいろと集めて、加工精度も高められているとは思うんですが、それでも、まだ揃えなければならない道具があることを痛感したのも事実。特にハンコ専用の彫刻刀を入手する必要がありそうです。

彫刻刀、高いんだよなぁ。

3Dプリンターなどでゴム印が簡単に制作できてしまうこの時代に、あえて手彫りハンコを作る意義を探しながら、これからも少しづく作っていく予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました