リニューアルがほぼ終了。不具合通知はこちらで!
インタビューを受けることになりました

メキシコを拠点にポッドキャストを配信してる「わんださん」の番組で、私が出演します。収録に向けて着々と準備をしているのでお楽しみに!

詳細はこちら

中南米ニュース

中南米ニュース 中南米ニュース

スペイン語圏で話題のニュースを通して、ラテン社会の「今」を知るための情報を集めています。特に中南米社会の経済や文化に関して敏感に反応します。

スポンサーリンク
お出かけ情報

アルゼンチン、パタゴニア鉄道に新型車両

新型車両は最高時速120Kmで500人の輸送に対応している模様。グリーンのボディが眩しいほどに輝いて、かっこいい。
お出かけ情報

アルゼンチン、長距離バスの格安チケット販売を解禁

アルゼンチン政府が9月からバスの最低運賃の制度を廃止し、これに伴いバス会社各社が格安チケットなど「新たな運賃体系」を提示できるようになりました。
テクノロジー

パナマ、メトロ3号線に日本製車両を導入

パナマの都市交通「パナマメトロ」に日本製の新型車両が導入されます。この車両が導入される路線は、2021年開通予定です
政治・経済

ボリビア大統領、フォロワー40万人越え

ボリビア大統領のツイッターフォロワー獲得数がアカウントの新規開設から2年を経て40万フォロワーを超えたようです。すげー。
文化・社会

エクアドル、交通事故「スピード超過」が第1位

エクアドルで発生する交通事故の要因第1位は、スピードの出し過ぎによるものでした。特にバスの事故が多く、観光でエクアドルのバスを利用する人は要注意。
テクノロジー

ボリビア大統領、ドローン規制に乗り出す

ボリビア大統領がドローン規制に乗り出します。近隣諸国で発生したドローンによるテロ未遂事件を受けての対応のようです。
政治・経済

ニカラグア反政府デモ、移民者が1980年代の内戦時並みに

ニカラグアで発生している反政府デモが激化し、国外へ脱出する移民の数が1980年代のニカラグア内戦並みになっているようです。
中南米ニュース

ボリビア、レジ袋規制に前向きな姿勢

南米チリに続き、ボリビアでもレジ袋などのビニル袋の規制に前向きな検討を開始したようです。
文化・社会

チリ、大英博物館の「モアイ像」返還をイギリスに求める

大英博物館所蔵のモアイ像が不当に流出した文化財であることから、チリ政府はイギリスに対し正式に返還を求める構えです。
お出かけ情報

日本航空、メキシコLCC「インテルジェット」と提携

日本航空がメキシコLCCのインテルジェットと提携をしました。今後、コードシェア便などを増便し、メキシコー日本間の利便性を向上させる計画となっています。
お出かけ情報

コパ航空、コロンビアのエルドラド空港に新ラウンジ

パナマの航空会社コパ航空がコロンビアの空港に新しい空港ラウンジを開設しました。コロンビア旅行の際に重宝しそうです。
政治・経済

チリ、レジ袋を全面的に禁止、ラテンアメリカで初

チリ国内でレジ袋の使用が全面的に禁止となりました。中南米諸国で初の取り組みで、環境保護に取り組む各国から注目されています。
お出かけ情報

パナマ、旧市街地区に電気バスを導入

パナマの市内バスに電気バスが導入されました。まずは観光名所でもある「旧市街地区」の巡回ルートから始めるとのこと。
お出かけ情報

ボリビア、岩壁に5000以上の恐竜の足跡が残る元採石場「カル・オルコ」について

ボリビア・スクレに、昔採石場だった岸壁に5000以上の恐竜の足跡が残っている場所あります。保存状態が良く、今では観光名所の一つです。
政治・経済

ボリビア産鉱物の7割、アジアのマーケットへ

電子機器需要の高まりもあり、ボリビア産鉱物のおよそ7割がアジア地方に向けた取引であると関係機関より発表されました。
政治・経済

ボリビア、デンプンから作られた「プラスチック米」を警戒

ボリビアでデンプンを原料としたプラスチック米が出回っており、販売者や消費者に対して注意喚起を発表しました。
文化・社会

キューバ、同性婚の制度化に前向きな姿勢

かつてのキューバ政権で弾圧の対象としていた態度を一掃し、制度化するすることで同性愛者への権利を明確にすることが最大の目的です。
お出かけ情報

アルゼンチン、レンタサイクル事業「Ecobici」が好調 前年比159%

アルゼンチンのレンタサイクル事業が好調です。交通インフラや渋滞など、都心部の移動に関する問題を解決する糸口になりつつあります。
オススメ書籍

スペイン語で「古典文学」を深読みしてみよう

スペイン語で古典文学に挑戦しよう!日本語翻訳版を並行して読み進めれば、古典特有の表現も理解できてしまいます。
テクノロジー

ラテン音楽をインターネットラジオで楽しむヒント

インターネットラジオを聴き比べてみましょう。現地のラジオ番組からポッドキャスティングまで「聞き流すため」のラテン音楽が満載です。
スポンサーリンク