ポッドキャストに出演しました!

スペイン語、重要語句2000単語の習得で8割を網羅

オススメ書籍

スペイン語学習で近道のない学習項目は「語彙」の習得です。

語学習得に関する研究によれば、スペイン語や英語などの言語において各言語において頻出上位の2000語を習得するとそれらの言語の8割を網羅できると報告されています。

と、いうことで今回は辞書系のテキストを使った効率的な単語暗記法を試みましょう。

頻出単語2000語習得で8割以上をカバー

このグラフは、スペイン語、英語、フランス語の各言語を、使用頻度の順で上位n番目までの語彙が一般的なコミュニケーションにおいてどの程度の割合を占めているかを示したものです。

それぞれの語彙数で各言語をどの程度理解できるかを示す割合を「カバー率」と呼び、スペイン語は、青い棒グラフで示している通り、頻出上位2000語をマスターすると言語の9割近くをカバーできます。

出版書籍にもすでに活用されている

アマゾンで販売されているスペイン語単語帳の売り上げ状況を見てください。記事執筆時点では、上位から以下のような書籍となります。

リンク先は、Amazonで販売されているスペイン語の単語帳のリストですが、収録単語が1000から2000語程度の語彙数となっています。多いものですと8000語もありますが、先に紹介したグラフから言えば「初級者はそんなに覚えなくても良い語彙数」となります。

2000語という数字は、書籍化の都合も加味された数字ではありますが、実際に学習する際にも非常に合理的な数となるのです。

参照:スペイン語の単語帳を調べる

2000語はあくまでも最低線

スペイン語初級者にとって2000語の習得は合理的な学習量と言いましたが、それはあくまでも初級レベルを網羅するために必要な最低線の学習量です。

2000語を習得すれば8割程度の内容を把握できるのは事実ですが、さらに細かい表現を習得したいのであれば、8000語の習得が必須条件になってくるのです。

頻度順のスペイン語単語リスト

wiktionary.orgより抜粋したスペイン語の上位頻出単語リストです。

スペイン語を8割程度網羅するのに、2000語の習得が必要ですが「2000語レベル」の単語を見ると、2000語という語彙数が、案外少ない数であることが実感できるはずです。

実際にスペイン語学習を進めると、長文読解や文章作成で新規単語を習得する機会が頻繁にあるので、相乗効果もあって2000語はあっという間にクリアできてしまうのです。

参照記事:読書猿Classic: between / beyond readers

最低数の語彙だけでは会話力は身につかない

なんども言いますがスペイン語単語2000語は、スペイン語の概要を網羅するために必要な最低限の語彙数と考えてください。上記の語彙数をクリアするだけでスペイン語上級者になれるわけではありません。

膨大な語彙の中から、効率的に習得していくことは、とても重要です。頻出度の高い単語から順番に覚え、学習効果を最大限発揮させ、スペイン語学習を効率的に継続させていくことが上級者へ近づくポイントです。

スポンサーリンク
オススメ書籍文化・社会
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント