語学の枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

志摩スペイン村でアンデス雑貨屋に出会いました

お出かけ情報

三重県志摩市にある「志摩スペイン村」に行ってきました。

志摩スペイン村は、その名の通りスペイン文化満載のテーマパークです。ところが、園内の一角でラテンな雰囲気丸出しの雑貨屋が営業していました。

スペイン文化のテーマパークにアンデスの異色を放つ雑貨屋を紹介します。

志摩スペイン村とは

志摩スペイン村(パルケエスパーニャ)は、三重県志摩市磯部町にある複合リゾート施設です。

三重県志摩郡磯部町(現・志摩市)の協力を得て近畿日本鉄道(近鉄)が開発した施設で、テーマパークが1994年、温泉施設が2001年の開業となっています。

フラメンコショーがすごくいい。


ラテン丸出しのアンデス雑貨店

c99951e6.jpg

エンジョイライフショップ「ラ ファミリア」という店が今回の肝となるアンデスショップです。

店の前に近づくと、スペインからかけ離れた雰囲気を醸し出すお土産が多数販売されています。ショーウインドウを見る限り、ボリビアの民芸品「エケコ人形」が一押しらしい。

エンジョイライフショップ「ラ ファミリア」

エンジョイライフショップ「ラ ファミリア」は、オフィシャルサイトでもご覧のように、堂々とエケコ人形を掲載するほど、アンデス雑貨の販売に力を入れています。

スペイン村の園内で堂々とアンデス雑貨を展開する度胸が好きです。

店内の様子

815b25ae.jpg

エケコ人形からアルパカまで、大小多数の品揃えです。

店内を見て回っても、およそスペインの雰囲気を感じとることができません。お店に一歩踏み入れば、そこは完全なアンデスワールド。インカ帝国の野望さえ漂ってきます(嘘)

あまりにも驚いた表情でギョロギョロと店内をうろついたため、店のスタッフも私に警戒心を持っている様子でした。ちょっと怖かったな。

お店の場所は?

b8161a23.jpg
3483552c.jpg

このお店はテーマパーク入り口を入って数分も歩かないうちに出会う事が出来ます。
場所は、図で示している位置にあります。

スペイン村の入り口からすぐの場所なので、簡単に見つけられますよ。ショーウィンドウからアルパカとエケコ人形が笑顔で出迎えてくれるので、すぐに分かるはずです。

スペイン文化のテーマパークでラテン丸出しのお店に出会えるとは思ってもおらず、スペイン村到着早々、すごく驚きました。今回の旅行で最も印象に残った出来事だった事は言うまでもありませんね。

スペイン村を訪れた際には、是非立ち寄ってみてください!

その他、スペイン村の見所色々

4797fe89.jpg

世界の銘菓を楽しもうと題して、やっぱり中南米のお菓子?と思われるものも販売されてました。お菓子メーカーは、グローバル企業の場合が多いので、一概にラテンアメリカと決めつける事も出来ないんですけどね。

57d4831a.jpg

園内の案内は、スペイン語表記で書かれています。
なぜか救急室だけ「First AID」と英語表記なのが気になりますけど。

フラメンコショーは必見!

b68a633d.jpg

このフラメンコショーは、とても素晴らしいものでした。演出の完成度も高く、会場の雰囲気もフラメンコ劇場を醸し出している装飾となっており、この日のスペイン村園内でもっとも満足したものです。

a50ea461.jpg

フラメンコ劇場(カルメンホール)の外観。

64f92b69.jpg

先着順で、出演者と記念撮影も出来たんですよ!
もちろん、私も撮影しました!

園内装飾の「花」はもう一つの見どころ

9a62d7b8.jpg

園内をキレイに装飾しているのは花壇は、結構見ごたえがあります。

色とりどりの花が素焼き鉢にきちんと植わっており、すごくキレイに装飾してありました。また、これから夏に向かって水管理が大変なのに、一鉢ずつジョウロで水やりをしているおばちゃん達が印象的でした。

食事をケチっちゃダメ

9572c5c1.jpg
60d00d75.jpg

昼食はレストラン「アルハンブラ」で食べました。

一人当たりの単価が3000円程度とお昼ご飯にしては、やや割高ですが、他のファストフード食べるより後悔が少なくて済むという口コミ情報に従って、このレストランで食事しました。

結果、とても美味しかったですよ。

また、平日の旅行でしたので、写真の通り貸し切り状態でゆっくりと食事出来ました。

目移りも心移りもしそうなお店もあった

92f8533a.jpg

上記のレストランとは異なる店も発見。アルハンブラより安い単価設定だったので、最後の最後までどちらにするか迷ったレストランだったりします。

スペイン風の食い倒れ人形なんでしょうか?
ゼンマイ仕掛けで、おじさんの左手がぐるぐると回っていました。

これは、私の偏見かもしれないですが、このおじさんが何度見てもインド人シェフに見えてしまうんです。

たくさんの発見があるテーマパーク「スペイン村」

cba97358.jpg

志摩スペイン村に到着すると、スペイン風の建造物が広がります。

そして奥に進むにつれ、絶叫系のアトラクションが同時に視界に入り込んでくるので、最初、目の前に広がる光景に違和感を覚えます。

それでも、テーマパークとしての出来は上々で、スペイン文化をさらっと楽しみたい方にはちょうど良い娯楽施設だと思います。フラメンコショーなんかは、かなり本格的なのでとても感激です。

私のようなひねくれた価値観しか持ち合わせていない人間は、ラテン雑貨に強い反応を示したりして楽しんでいますけど、そんなことしなくても十分に楽しめます。フラメンコショーは本当に感動するレベルだから超絶おすすめ。

ただ、オモシロ要素もたくさんあるので、そういう発見も期待しつつ、このテーマパークを楽しんでみるのも醍醐味の一つじゃないかと思います。みなさんも是非、一度志摩スペイン村に訪れてみてはいかがでしょうか。

おすすめスポット
スポンサーリンク
お出かけ情報管理人の雑記
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました