プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

コロンビア、テケンダマ滝にそびえる廃墟

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コロンビアにスゴく美しい滝があるのを知ったのでメモ。

滝そのものはそれほど有名ではないのですが、滝のすぐ湧きにそびえ立つ廃墟が諸説あって興味深かいです。

場所

場所は、コロンビアの首都ボゴタから南西に約30キロ離れた「サンアントニオ・デル・テケンダマ」という地区。テケンダマ滝の名は、この地区の名前が由来となっています。

現地では「Salto del Tequendama(サルト・デ・テケンダマ)」と呼ばれます。

滝の横にある見捨てられた建造物

トップ画像にも映り込んでいますが、この滝のすぐ横に古い建物が残っています。

この建造物は、1923年に個人所有の邸宅として建設。フランス建築の技法を取り入れた外観の美しさもあり「テケンダマ滝のマンション」と呼ばれた時期もありました。

ホテル計画と廃墟への道のり

1950年頃になるとこの建物は廃墟となってしまいます。

この建物が別の所有者に渡り、そこに18階建てのホテルが建設される計画が立ったことが大きなキッカケです。

私が調べた限りの情報ですが、この計画が頓挫した最大の理由は1990年代に川が汚染されていることが発覚したからです。汚染が発覚すると、ホテル建設計画は実行されるどころか、この建物自体が放棄されてしまったのです。

参照:Tequendama Falls Museum

テケンダマ博物館として再生

廃墟と化した建物を博物館として再生すべく、プロジェクトが立ち上がりました。学生ボランティアを起用し、博物館の再生とその後の運営を継続的に行っていく計画となっています。

写真:Agencia de Noticias: Exposición “Cavernas” reabre el antiguo Hotel del Salto

スポンサーリンク
お出かけ情報話題のトピック
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント