プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

洞窟生活40年、アルゼンチンの洞窟に住みついた話題の男

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アルゼンチンで40年間、洞窟で自給自足の生活をしている男性が話題です。今でも、質素な生活をし続けている男性を一目見ようと観光客が後を絶たないんだとか。

山間地の洞窟に住み続け40年

男性の居住地は、アルゼンチン北部の山間部に位置するトゥクマン州です。

男性の名はペドロ・ルカ(Pedro Luca)79歳です。

ペドロ氏は電力、ガス、電話も使用できない洞穴での生活を40年間続けています。彼の居住地はトゥクマンでも標高が比較的高い位置にあり、およそ標高1100メートルの場所に住居がります。

男性の話によれば、この地での生活は決して楽ではないようですが、自給自足の生活に不自由さを感じている様子はなく穏やかな毎日を過ごしているといいます。

州都のサンミゲル・デ・トゥクマンの旅行会社によると、40年も洞窟に住み続ける男性に会いたいがために、この地を訪れる観光客も少なくないとの事。

Se llama Pedro Luca y su “casa” es, desde hace cuatro décadas, una cueva. A sus 79 años y en excelente estado de salud, vive solo, sin luz, ni gas, ni teléfono en su caverna situada en lo alto de las montañas, en la provincia de Tucumán.

Cuando tiene hambre, sale a cazar con su escopeta o sus trampas, o “baja” al pueblo desde las montañas, que se encuentran a 1.100 metros de altura. Casi a diario realiza las tres horas de camino entre la selva donde vive y la ciudad más cercana, para llegar a las pequeñas tiendas de San Pedro de Colalao, una población turística situada a 120 kilómetros de San Miguel de Tucumán.

引用 : clarin.com
ナショジオが行ってみた 究極の洞窟
日経ナショナルジオグラフィック社
2015-04-17


スポンサーリンク
文化・社会話題のトピック
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント