イラスト投稿を楽しんでます。みてね!

グアテマラコーヒー、Harioの手挽きミルで楽しむ至福の時間

文化・社会
スポンサーリンク

Chamelcoさんがグアテマラ土産をくれたんですが、その中にとても美味しそうなコーヒー豆が入ってました。優雅にグアテマラコーヒーを満喫しようと思ったら、豆を挽かなきゃドリップできないので、コーヒーミルを入手することにしました。

豆のまんまだ!?

ドリップパックに慣れ親しみすぎて、豆を挽くことを忘れてました

いただいたコーヒー豆をワクワクしながら開封して、中身を見た瞬間から、しばらく時が止まったように考えてました。そう、コーヒーミルを持っていなかったのです。

ドリップパックばかりを利用していたことに恥ずかしさを感じつつも、ドリップパックってなんて便利な規格なんだと改めて感心したほどです。

コーヒーミル、買った

豆のままでは、せっかくいただいたグアテマラコーヒーを、満喫できません。今自分にできる最高のコーヒー体験を実感したいので、コーヒーミルを入手することにしました。

買ったのは、Harioのセラミックミルです。いろんなレビューをみたりして、見た目も機能的にも良さげなコーヒーミルを選んで買いました。

レビューめっちゃついてるHarioの人気機種を選んだ

あれはんどろ
あれはんどろ

新しいものを買ったら、その機能美を堪能するのがポリシー。ってことで開封の儀!

開封した。案外シンプル。
このウスの部分がこだわりらしい。よくわからんけど。
組み立てた。想像よりひと回り大きい

早速、コーヒ豆を挽いてみた

ミルがいいのか、豆がいいのか、スイスイ挽くことができます。
あっという間に完成!とりあえず、5杯分。

グアテマラコーヒーをきっかけにコーヒーの世界を覗く

グアテマラコーヒーをきっかけに、コーヒー豆を飲む直前に挽いてドリップするという、至極当たり前のコーヒーの楽しみ方を始めることになりました。コーヒー豆の世界、焙煎の世界、コーヒーミルの機種など、こだわり始めると全てが「沼」になる要素が盛りだくさんで、すでにビビってます。

まずは、コーヒー好きな知人に教えてもらった方法で、コーヒーを飲んでみました。コツは、煮沸する寸前のお湯で少しづつ蒸らすようにドリップするんですって。

酸味が少ない、飲みやすいコーヒでした!

Chamelcoさんからいただいた豆でドリップしたコーヒーは、普段飲んでるコーヒーと比べると、焙煎具合がいいためか、酸味が少なく、お茶を飲むような感覚で飲める味です。すごく飲みやすいし、すごく美味しい。

知人からミルの挽き具合を調節するだけでも味の変化を楽しめると聞いたので、次は、豆の挽き具合を変えて、コーヒー粒子の大きさの違いによる味の変化を楽しんでみようかなぁって考えてます。

このもらった豆を全て飲んだ後に、次のコーヒー豆を何にしようかと、今から色々と調べ始めてしまってるので、もうコーヒーにお金をつぎ込む予感しかしない状態です。

スポンサーリンク
サポートのお願い
私の創作活動をサポートしてくれる方を募集してます

イラスト作成など、私の創作活動が盛り上がってきたので、クロッキー帳、筆記具など、創作活動に必要な消耗品のサポートをしてくれる方を募集します。

Amazonのウィッシュリストで公開していますので、よろしくお願いいたします。

文化・社会食・農業
この記事をお友達に紹介してください
プロフィール
あれはんどろ

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました