プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

メキシコの国際空港に住み着いた日本人ホームレス

オモシロ系

Photo:Aeropuerto de la Ciudad de México Terminal 2 - 2009 4121 By:Lucy Nieto
Photo:Aeropuerto de la Ciudad de México Terminal 2 – 2009 4121 By Lucy Nieto

メキシコの空港にホームレスとして住み着いた日本人の話。

観光客としてメキシコに渡ったものの、メキシコ・シティの国際空港を住まいにしてしまい、そこで3ヶ月近く暮らしている日本人男性が話題になっています。

空港関係者らによる退去命令に応じず、迷惑行為に近い状態となっていますが、彼はいつしか世間の人気者として温かい援助を受けるようになっていて、居心地は大変よいんだとか。

メキシコに住み着いた日本人ホームレスのニュースです。

無精ひげで妙におとなしい日本人ホームレス


メキシコ・シティのベニート・ファレス国際空港のターミナル1でお騒がせとなっているこの日本男性は、名をノハラ・ヒロシさんといい、今年の9月2日以降ファスト・フード店や空港利用客からの差し入れで腹を満たしながら、イスで眠る毎日が続いているという。

お風呂にはもちろん無縁、すっかりヒゲも伸び髪はボサボサ、クリーム色のジャケットとフリースの毛布も擦り切れ、不潔感が漂う現在のノハラさんであるが、空港内の清掃を担当しているシルヴィア・ナヴァレッテさんは「彼は大人しくていい人です。ただ座って一日中食べているだけですから」と評価している。

東京出身のノハラさんは、6ヶ月期限の観光ビザでメキシコに入国しており、帰国のためのチケットも持っているが空港を離れようとしない。だが、ビザの期限は守ると公言していることから、来年の3月までは大使館も強制送還などは考えていないという。

Hiroshi Nohara is on a layover at the Mexico City airport. It has lasted almost three months, and he has no plans to leave.

For reasons he can’t explain, the Japanese man has been in Terminal 1 of the Benito Juarez International Airport since Sept. 2, surviving off donations from fast-food restaurants and passengers and sleeping in a chair.

At first, he frightened passengers, and airport authorities asked the Japanese Embassy to investigate why the foul-smelling man refused to leave. Now, he’s somewhat of a celebrity, capturing Mexico’s collective imagination with nearly daily television news reports on his life at the food court.

引用 : nbcnews.com

メキシコってスゴく住みやすい国だし、冷暖房完備の空港内なら…

暖かい布団が無いだけで、それさえ我慢できればホント居心地がいいかもしれませんね。真似する事はお勧めできませんが、新しい国際交流の手段として考えておくのは面白いですね。

ノハラさんのその後

続きがあるようなので紹介。女性に連れられ、忽然と姿を消したってところが不思議ですね。

ノハラさんは28日、9月上旬に現われた時と同じように謎を残して、女性1人と一緒にタクシーに乗ってどこかへ去って行ったという。  前述のルイスさんは「その日の朝に女性がやって来て、彼を連れて行ったけれど、2、3日街を一回りしているんじゃないかしら。彼はすぐに帰ってくると思う。わたしたちの誰にもさようならを言っていないから」と語った。

引用 : afpbb.com
スポンサーリンク
オモシロ系話題のトピック
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. メキシコのロペス より:

    はじめまして。
    いいサイトに出会えました。
    ちょくちょく拝見させて戴こうと思います。この記事のヒロシさんですが、当地在住の日本人から「やめてほしい…」みたいな話として耳にした程度で、空港にも最近何度か行きましたが、私自身は存じませんでした。
    個人の自由ですし否定しませんが、空港から出ないのは勿体ない気がします。

  2. 管理人 より:

    確かに空港から一歩も出ないのはもったいないですね。
    私もメキシコに訪れた事があるんですが、ベニート・フアレス空港って、私の記憶が間違ってなければ、地下鉄メトロが直結していたと思います。で、メキシコ市内まで簡単に、しかも安く行けるはずだったような。
    そう考えると、この日本人の行動は、本当に意味不明ですよね。何をもってしてメキシコを目指し、どういう経緯で空港に居座る様になったのか。
    ヒロシさんの行動は、ある意味日本人の恥ですけど、別の観点で、メキシコ側から見る日本の偏ったイメージが少し崩されたと考えればそれなりの貢献はしてるかなぁ、と思います。

  3. 名無しさん より:

    ご無沙汰してます。
    年末は少し遊びに行ったようですが、ノハラさん昨日のJALで帰国したとnewsになっていたそうですが、私は見てません。今メヒコは幾分寒いので、そろそろ引き上げてよかったのではと思います。現在ターミナル2にはドイツ人のホームレスが居るそうです。
    みんな時間があって羨ましいです。

  4. 管理人  より:

    今度は、ドイツ人ですか。
    ラテンな国にあこがれて、ふらりふらりと人が集まる。しかもそれが、ホームレスとして。経済不安が高ぶってる世の中ですからね、噂が人を呼んで新たな外国人が空港に住み始めてしまうかもしれないですね。