プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

パナマ

スポンサーリンク
お出かけ情報

エールフランス、パナマへの乗り入れ

エールフランス社がパナマへの乗り入れを発表しました。グループ会社であるKLMと共同し、週に14便体制でのスタートとなるようです。
テクノロジー

パナマ、メトロ3号線に日本製車両を導入

パナマの都市交通「パナマメトロ」に日本製の新型車両が導入されます。この車両が導入される路線は、2021年開通予定です
お出かけ情報

パナマ、旧市街地区に電気バスを導入

パナマの市内バスに電気バスが導入されました。まずは観光名所でもある「旧市街地区」の巡回ルートから始めるとのこと。
お出かけ情報

パナマ、メトロ2号線の6割が完成

メトロ2号線の建設が、進捗率63%となりました。並行して3号線の建設計画も進められており、パナマの交通事情が飛躍的に向上しています。
お出かけ情報

パナマ、サンタのコスプレでマラソン

パナマでクリスマス前に開催される恒例マラソンイベント「サンタレース」が開催されました。サンタに扮した参加者が5キロの道のりを走りました。
お出かけ情報

サンブラス諸島、パナマの先住民が守り続けるカリブの天然リゾート

パナマのカリブ海側にあるサンブラス諸島。先住民族「クナ族」が島の環境と民族の伝統を守り続けている地域です。
お出かけ情報

パナマ、メトロ2号線を2019年1月までに開業する方針

パナマ政府はワールドユースデーに受けて観光アピールすべく、現在建設中の市内交通「メトロ2号線」をこのイベントに合わせて完了させる方針を打ち出しました。
政治・経済

パナマ、新車販売台数が過去最高に

パナマでの新車販売台数が過去最高を記録、6万6000台を超える実績となりました。
オモシロ系

「PANA」がつくとパナマ系企業、パナマ人の思い込みに一苦労した話

「パナ」で始まる企業名は、パナマ人にとってすべて国営企業に見えてしまうというとんでも勘違いに苦労した昔話。
中南米ニュース

スペイン法務大臣「パナマはタックスヘイブンではなく、税制に有利な国」と言及

パナマ文書の流出によって明らかになった情報による各国の対応に温度差が生まれているようです。スペインは中立の立場を貫くのでしょうか。
政治・経済

フランス政府、パナマを”タックスヘイブン”のブラックリストに再認定

パナマ文書の流出によって明るみに出た情報を受け、フランス政府はパナマ共和国を改めてタックスヘイブンのブラックリストに再認定しました。
健康・医療

パナマ、バイアグラの密輸が横行

パナマでは医薬品の密輸が横行していると税関が発表。中でも「バイアグラ」の不正取引はダントツなんだとか。
中南米ニュース

パナマの経済成長率「5.8%」 2016年も勢いは止まらず

国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会の報告によると、2015年度、パナマ国内の経済成長率は5.8%になる模様。この勢い、2016年度も持続することが予測されています。
自然・気候

パナマ、雨の降らない浸水被害

中米パナマで、雨が降っていないにもかかわらず「高波」が海岸を襲い、周辺地域が浸水する被害が出ています。要因はエルニーニョ現象と見られています。
お出かけ情報

エミレーツ航空、パナマ発着の世界最長路線を計画

エミレーツ航空がパナマ - ドバイ間の世界最長路線を計画。17時間を超える連続フライトで過ごすファーストクラスも気になるところ。
中南米ニュース

パナマ、運河流域に巨大ワニ

パナマ運河流域で大きなワニが見つかり、現地で話題となっています。
お出かけ情報

中米パナマ、黒いキリストに祈りを捧げる街ポルトベロ

パナマ北部のポルトベロという地区に黒いキリスト像が祀られている事で有名な教会があります。
お出かけ情報

パナマ初のメトロ開通に国民は大騒ぎ

パナマ初となるメトロがついに開業。当面の間、運賃を無料化したこともあり利用者は100万人超えを記録。今後のパナマ経済に注目です
ニュースまとめ読み

服を脱ぐメキシコ、運河に悩むパナマ、ボリビアの忠犬ハチ公 注目ニュースまとめ (2014.01後半)

今回は、パナマ、メキシコ、ボリビア関連のニュースが中心。経済成長に一目おかれるパナマやメキシコでのイベント活動など盛りだくさん。
中南米ニュース

悩むパナマ 運河拡張工事で対立、予算不足が原因

パナマ運河の拡張工事が予算不足に悩んでいます。建設中断も視野に入れ建設会社とパナマ運河庁が対立。
スポンサーリンク