ポッドキャストに出演しました!
お問い合わせに関して

現在、各種お問い合わせへの対応に遅れが出ております。取り急ぎ、Twitter DMで対応しておりますので活用いただけますと幸いです。

Twitterで問合せ

キューバ旅行で遭遇した出入国スタンプの謎

テクノロジー

Photo:Aeropuerto By:Avodrocc
Photo:Aeropuerto By Avodrocc

海外旅行の醍醐味のひとつとなってるのがパスポートに押される税関のスタンプ。

自分の旅行記録として、あるいは各国のスタンプ柄をコレクション的な意味合いで集めている人もいるかもしれません。

海外旅行を経験したことのある人なら、パスポートに出入国の記録としてスタンプが押されるのは知ってるはず。そんな出入国審査のスタンプなんですが、キューバの出入国に関しては、少々事情が異なるようなんです。

今回は、キューバの出入国スタンプの事情について調べてみました。

本記事は2010年に管理人がキューバへ訪れた際の情報です。2014年に制度が変わり、キューバの出入国事情が本記事執筆時点とは大きく異なっていることを念頭に置いてお読みください。

出入国記録が残らないキューバ旅行!?

今回キューバに旅行し、出入国の際にどんな柄のスタンプが押されるのか楽しみにしていました。実は、私もこの出入国のスタンプを密かに集めると言うか、眺めるのが隙だったりするのです。

ところが、旅行が終わったあとの事です。パスポートを見返しながらキューバ出入国のスタンプを探しても、それに該当するものが見当たりません。過去の渡航歴となる大事なスタンプ。

キューバの出入国記録だけが、どこにも見当たらないのです。イミグレーションではパスポートとツーリストカードを渡し、何やらスタンプが押されるような音も聞きました。ポンポンと二回ほど。しかし、どこにも見当たりません。

一体どうなってしまってるんでしょうか?

まずキューバ大使館へ電話!

あれこれ憶測をたてたり、ネットでよくも分からないブログを検索していてもらちがあきません。噂ばかりが書き連ねているだけで、事の真相が見えてきません。

そこで、キューバの出入国にどんな事情が隠されてるのか在日キューバ大使館に連絡をして調べてみることにしました。

【私】「あのう、先日キューバを渡航したんですが、パスポートに出入国の記録が残されていないんですけど、大丈夫なんですか?」
【大使館の女】「あぁ、それは、スタンプなしで大丈夫です。」

【私】「はぁ、なしで大丈夫なんですか?」
【大使館の女】「はい。キューバでは、観光目的で入国する場合、ツーリストカードを使って出入国の手続きをするのでパスポートにスタンプを押さないんです」

【大使館の女】「領事館に電話すれば、詳しい事が分かりますよ。ここ(大使館)とは別の建物になるので、今から言う番号に電話してみてください。」
【私】「はい、じゃぁ電話してみます。」

領事館に電話してくれとあしらわれてしまいました。
受け付けてくれた方は、丁寧な受け答え方だったんですけどね。

次は領事館へ!

大使館に電話したところ「領事館で質問してくれ」と言われ、さっそく電話してみました。

【領事館の女】「はい、キューバ大使館です!」

【私】(あれ? 領事館じゃなかったのかよ?)
【私】「あのう、先日キューバを渡航したんですが、出入国のスタンプが押されていなかったので電話したんですけど。」

【領事館の女】「スタンプ押して欲しかったんですか?」
【私】「あ、いや、別にね。ただスタンプが無い事が心配になったので」

【領事館の女】「ツーリストカードを使って観光目的で入国されたんですよね」
【私】「はい」

【領事館の女】「キューバはツーリストカードを使って観光者の出入国を管理しているのでパスポートにはスタンプを押さないんです。だからご心配なさらずに。」

【私】「そうですか…。ありがとうございます。」

あはは。全く同じ回答しか聞けなかった。

っていうより「スタンプ押して欲しいんですか」って聞いてきたあたりを想像すると、出入国のスタンプ欲しさに大使館に連絡する人が後を絶たないんでしょう。結局の所、キューバでは出入国の際にツーリストカードに対してスタンプの押印するので、パスポートには形跡が残らないってことです。

そこまでしか、分かりませんでした。

これがツーリストカード

ちなみに、ツーリストカードってのはコレ。
cubatc.jpg

日本でも旅行代理店とかで、法外な値段で代行記入付きで販売しているようです。
もちろん、在日キューバ大使館でも取り扱っています。

ただ、私はこのツーリストカードを直接購入等はしていません。私は、カナダ経由で、キューバの首都ハバナに入国しました。その時、エアカナダの機内でツーリストカードが配布されたのです。

お金も徴収されなかったんだけど、あれは料金に含まれていたものなのでしょうか?日本を発つ前に、成田空港の受付で「観光ビザはお持ちですか?」と聞かれ、キューバ行きの飛行機内で配布される旨を伝えても、受付の人たちは「???」となっており手続きに戸惑ったくらいです。

そんな経緯があって色々調べていても、キューバへの入国に関する情報は少なく、よくわからないことが多いです。噂もたくさん流れており、一部の方たちはネット上で、キューバでは外交関係の問題なんかもあって出入国に関するいくつかの手段が用意されているのではと、書き込んでいるくらいです。

噂はたくさん流れているけど

先ほども述べたように、ネット上では、アメリカ出入国の支障になることへの配慮からスタンプを押さないといった噂も流れています。今回の大使館へ直接電話し、出入国のスタンプに付いて問い合わせてみても、外交関係に繋がるような回答はありませんでした。っていうか、聞くに聞けない雰囲気になってしまったので電話を終わらせたんですけどね。

ただ、以下のリンクには、色んな噂が飛び交っています。

キューバ入国Q&A(ペリカントラベル キューバ店)
キューバのスタンプ(地球の歩き方Q&A掲示板)

キューバは謎が多い国。
今回は、そんな印象を持たずにはいられないことが多かった。

パスポートには出入国の「記録」は残らない。
でも、あの地を旅した「記憶」は決して薄れることはないと思う。

キューバのパスポート・ビザに関する追記

キューバ旅行に関するまとめページを見つけました。そこに、今回の謎に答えてくれるような記載があったので引用しておきます。他にも、色々参考になる事が、わかりやすくまとまっています。

  1. キューバ入国に際しては、ツーリストカードかビザの取得が必要。ツーリストカードは、キューバ旅行を取り扱っている日本の旅行代理店で簡単に取得できる。 参照:駐日キューバ領事館の関連ページ
  2. エア・カナダでトロントからハバナに入国する場合、機内で必要書類が配布されるため、わざわざ日本でツーリストカードを取得しておく必要がない(2008年11月時点)。
  3. もちろん、ツーリストカードではなくビザが必要なケースは、あらかじめ必要なものを取得しておく必要がある。なおエア・カナダではトロント-ハバナ間以外にもキューバへのフライトが設定されているが、それらでも同様に書類が配布されるかどうかは未確認。ただし、カナダのキューバ大使館サイトには、エア・カナダのチケット料金にはツーリストカード料金も含まれているとの記載あり。 参照:Embassy of Cuba in Canada
  4. キューバ入出国の際、パスポートにはスタンプが押されない。これは、米国経由の旅行者への配慮だと言われている(ただし、入国管理官に「記念にしたいから」と頼めば押してもらえることがある)。
引用 : キューバ(wikitravel)
スポンサーリンク
テクノロジー管理人の雑記
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント

  1. soon より:

    アメリカ出入国の支障になることへの配慮からスタンプを押さないは案外合ってるような気が。
    ある知人はキューバ旅行した過去が発覚したゆえにアメリカで就職できませんでした。

  2. 管理人 より:

    他国の外交関係ってかなり微妙な話題ですよ。噂とかいろいろ飛び交っていますけど、これ以上詮索しない方がいいのかもしれません。
    大使館に連絡して聞いたけれども、公式の見解ってのは得られなかったわけなので、僕はここでギブアップです。

  3. ウラ より:

    どうも。ぼくもキューバに行ったときには、スタンプを押した紙が出国時に取り去られ、淋しい思いをしました。米国出入国関係の配慮だと思います。北朝鮮も、日本のパスポートに北朝鮮だけを除くと書かれていましたが、同様の措置をしていたようです(ぼくは行ってないのですが)。パラグアイに、イグアス方面で、バスで入国したとき(シウダ・デ・エステ)、入国の手続きがなく、出国のときいいのかなと思っていると、やはり手続きがなく、スタンプをもらえませんでした。出入国に担当官がおらず、探し出して押してもらったということはあるのですが、もらい損ねたのはパラグアイだけです。やはり空路でいくべきであったか。

  4. kobgugi より:

    ピアニカで検索してこちらに来ました。
    私は最近、ピアニカ(鍵ハモ)ではこの人が好きです!

    このテのヤツってみんなソプラノピアニカですかね?
    私もホーナーの笛型のが欲しいです。
    本文と関係ないコメントですいません…。

  5. 常緑樹 より:

    はじめまして。
    全然別のキーワードで検索していて、偶然つながりました。
    キューバのスタンプ、「お願いすれば」パスポートに押してもらえます。
    それでアメリカに入ったことがないので(トロント経由)、そっち側でどう対応されるかは不明ですが。
    何も言わなければ、管理人さんの経験そのままになります。

  6. 管理人 より:

    一応、スタンプの件を税関とか入国審査のときに一言質問したんですよ。
    そしたら「別添の書類」で審査するからスタンプは押しませんと言われたのです。
    「スタンプのおねだり」する人が増えていて、ナントカカントカと早口で説明されて終わりました。
    おそらくしつこい観光客がいたんでしょうね。
    この質問をしたとき、僕らを煙たがっていた様子だったので。