プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

ボリビア

スポンサーリンク
中南米ニュース

チョリータさん、パリの街を練り歩きボリビア文化をアピール

チョリータさんがパリの街中を優雅に、優美に、そしてインスタ映えを狙って名所中の名所に訪れてはボリビア文化を猛烈にアピールしてたみたい。
中南米ニュース

ボリビア、座礁したアマゾンカワイルカ20頭の救出

カワイルカは絶滅危惧種なので、みんなで大事に保護しているようです。毎年このニュースを見るたびに、このイルカは本当に泳げるのかと疑問に思ってしまうけど。
健康・医療

ボリビア、世界最後の19世紀生まれの男性が話題

ボリビアに世界最高齢になるかもしれない男性が話題となってます。男性の主張が正しければ、123歳となり、世界で最後の19世紀生まれの人となるのです。
中南米ニュース

アメリカ、プレインカ時代のミイラをボリビアに返還

ボリビアで発見され、アメリカの大学で保管されていたプレインカ時代の少女のミイラが返還されることになりました
政治・経済

ボリビア大統領、フォロワー40万人越え

ボリビア大統領のツイッターフォロワー獲得数がアカウントの新規開設から2年を経て40万フォロワーを超えたようです。すげー。
テクノロジー

ボリビア大統領、ドローン規制に乗り出す

ボリビア大統領がドローン規制に乗り出します。近隣諸国で発生したドローンによるテロ未遂事件を受けての対応のようです。
中南米ニュース

ボリビア、レジ袋規制に前向きな姿勢

南米チリに続き、ボリビアでもレジ袋などのビニル袋の規制に前向きな検討を開始したようです。
お出かけ情報

ボリビア、岩壁に5000以上の恐竜の足跡が残る元採石場「カル・オルコ」について

ボリビア・スクレに、昔採石場だった岸壁に5000以上の恐竜の足跡が残っている場所あります。保存状態が良く、今では観光名所の一つです。
政治・経済

ボリビア産鉱物の7割、アジアのマーケットへ

電子機器需要の高まりもあり、ボリビア産鉱物のおよそ7割がアジア地方に向けた取引であると関係機関より発表されました。
政治・経済

ボリビア、デンプンから作られた「プラスチック米」を警戒

ボリビアでデンプンを原料としたプラスチック米が出回っており、販売者や消費者に対して注意喚起を発表しました。
政治・経済

ボリビア、イベント中の「野焼き」をドローンで監視

聖ヨハネの前夜祭では夜に行う「焚き火」が定番儀式なのですが、ボリビアでは安全面の確保に努めるべく、ドローンを使った空撮監視を実行する模様です。
政治・経済

ボリビア大統領、Twitterに続きFacebookも始める

SNS運用に消極的だったモラレス大統領。ツイッターアカウント開設をきっかけに、その有用性に気づきフェイスブック投稿も開始しました。
政治・経済

近代化とゴミ問題に悩むチチカカ湖

チチカカ湖の環境破壊が深刻化。湖周辺の鉱山開発と人口増加による市街地かが環境破壊に拍車をかけているのです。
文化・社会

ボリビア大統領、Twitterで1日3回つぶやく

ボリビア大統領のツイッター運用実績が話題です。2016年に突然ツイッターアカウントを開設し、今日に至るまで1日平均3回ツイートしてるんだとか。
中南米ニュース

ボリビア、ポオポ湖が消滅し3年 回復に向かうも未だ漁業のできない状態

ボリビアにある「消滅した湖、ポオポ湖」があれからどうなったのか現地メディアが報じています。湖は回復傾向にあるものの、漁業は未だ操業できない状態だなんだとか
お出かけ情報

ボリビア、「鉄道橋」が文化遺産に

ボリビアにある古い鉄道橋が文化遺産として指定されました。近隣住民は今後の観光開発に拍車がかかる事に期待を寄せています。
お出かけ情報

ボリビア、飲食店のテーブルに「塩」が置けないワケ

塩分の摂取過剰によって高血圧に悩むボリビア。政府主導で、飲食店のテーブルに「塩」を置くことを禁止しているのです。
健康・医療

ボリビア国民の4割が肥満、保健省「運動する習慣が少ない」

ボリビア保健省によると、国民の40%が肥満状態にあると明かされました。最大の要因は食生活の変化と運動不足です。
お出かけ情報

ボリビア、首都ラパスにハードロックカフェ

首都ラパスに出店したハードロックカフェが話題です。店舗チェーン中、最も標高の高い地域の出店に国内外が注目しています。
オモシロ系

ボリビア、市営動物園に「ビクーニャランド」爆誕

ボリビア、ラパスの市営動物園にアンデス原産のラクダ類「ビクーニャ」にスポットライトを当てたコーナーがオープン。その名もビクーニャランド!
スポンサーリンク