note.muでアカウント作ってみたよ!

ペルー

スポンサーリンク
お出かけ情報

マチュピチュ、混雑緩和のため「時間制入場」を導入

マチュピチュ遺跡公園が2019年1月より、時間制の入場に切り替わりました。入場可能枠が3分割され、チケット購入時に入場時間を指定するシステムとなります。
お出かけ情報

マチュピチュ、レジ袋やストローの持ち込みを全面禁止へ

マチュピチュ遺跡公園など、ペルー国内の自然、歴史公園に立ち入る際に、観光客がレジ袋などを持ち込むことができなくなりました。
お出かけ情報

ペルー、秘境レインボーマウンテンの魅力

ペルー、クスコ州に標高5100mのちょっと有名なビニクンカ(Vinicunca)という山があります。 通称「レインボーマウンテン」の名を持つその山肌は、まるで虹のような色彩豊かな形式を作り出します。訪れるたびに、その表情を変える山々の...
オモシロ系

Googleストリートビューで浮気がバレる時代に

Googleストリートビューで浮気現場が見つかってしまった。ペルーの閑静な住宅街のストリートビューに掲載された、男性といちゃつく女性が自分の妻に酷似していることから、妻の浮気が発覚。修羅場を迎えたようです。
お出かけ情報

マチュピチュ、地中から新たな遺跡を発見

イタリアとポーランドの調査チームがマチュピチュ遺跡の地中に未発見の広場を発見。サグラダ広場と命名しました
オモシロ系

フンボルトペンギン、ペルー街中で迷子になる

ペルーの港町で、街中をうろついていた2匹のフンボルトペンギンが保護されました。
文化・社会

ペルー、パルパに新たな地上絵、その数25か所

新たな地上絵を発見したニュース。考古学ってこういう発見があった時にロマンを感じるんですよね
中南米ニュース

ペルー、野生ウミガメの死とマイクロプラスチック汚染

ペルーの海岸で野生のウミガメ死体が漂着。専門家によれば、死因はマイクロプラスチック破片の誤飲。深刻化する目に見えないプラスチック粒子の海洋汚染について考えます。
文化・社会

ペルー、マチュピチュ遺跡に勝手に宿泊した観光客2人を拘束

マチュピチュ遺跡の立ち入り禁止エリア内で寝袋を使って勝手に宿泊していた男2人が不法侵入と文化財保護法違反の疑いで逮捕されました。
政治・経済

近代化とゴミ問題に悩むチチカカ湖

チチカカ湖の環境破壊が深刻化。湖周辺の鉱山開発と人口増加による市街地かが環境破壊に拍車をかけているのです。
文化・社会

ペルー、国を挙げてフォルクローレ教育に注力

ペルー教育省は、学校の授業でフォルクローレ(民族音楽)を取り入れ、ペルーの伝統文化を次の世代に継承して行く取り組みを始めました。
中南米ニュース

ペルー、新たなインカ帝国の遺跡が見つかる

ペルー、クスコ県でインカ帝国の一部と考えられる新たな遺跡が発見されました。
お出かけ情報

ペルー、マチュピチュへの散策ルートを拡大

ペルー通商観光省(Mincetur)は、マチュピチュ遺跡への散策経路を増やす方針を示しました。
自然・気候

汚染された湖の浄化に挑む日系ペルー人「マリノ・モリカワ氏」

日系ペルー人の森川マリノ氏は、汚染した湖の浄化スペシャリストです。彼の活動はペルー全土で高く評価されており、この度チチカカ湖の浄化プロジェクトに取り組んでいます

政治・経済

ペルー政府、国境に壁を建設か

ペルーも不法越境を撲滅するために、国境に壁を建設したい考えを示しました
文化・社会

「カードキャプターさくら」のグッズ集めでギネス記録、ペルー

カードキャプターさくらの関連グッズ集めで世界一が爆誕。ペルー在住のコレクターは日本やアメリカなど世界各国から1000点以上のグッズを集めました。
中南米ニュース

ペルー、年間の離婚件数1万4000件超え

ペルーでは、価値観の違いによる離婚が多く婚姻した夫婦10組中2組が離婚に至っています
お出かけ情報

マチュピチュ、クマの出現に続き、毒ヘビあらわる

マチュピチュで毒ヘビ事件です。遺跡公園を散策していた観光客が毒ヘビにかまれ緊急搬送されました。
自然・気候

チチカカ湖で「人魚!?」が目撃され一時騒然に

チチカカ湖で人魚らしき姿の目撃情報が多数寄せられ、新たな人魚伝説が語られ始めたことが話題になっています。
オモシロ系

マチュピチュで全裸の記念撮影、観光客2人を逮捕

マチュピチュ遺跡公園で全裸になり記念撮影した外国人観光客が逮捕されました。
タイトルとURLをコピーしました