イラスト投稿を楽しんでます。みてね!

食・農業

スポンサーリンク
文化・社会

日本の常識は通じるか?近畿大水産研究所がパナマでキハダマグロの養殖を研究

ちょっと古いニュースなんですけど、近畿大学水産研究所が、パナマ水産資源庁とキハダマグロの完全養殖の実現に向け共同研究を始めたことが掲載されてました。途上国の常識に囲まれ、どこまで研究成果が見いだせるのかが注目ポイントです。
中南米ニュース

コカ葉入りのパネトーネ、ボリビアで発売

スポンジケーキであるパネットーネは、国内ではクリスマスの時期に消費されることが多く、ボリビアでもこの時期たくさんのパネトーネが消費されています。今回、そのパネトーネにコカ葉を練り込んだものが発売されるのです。発売されるパネットーネは、15~20ボリビアーノ(約200円)で発売される見通しとなっていおり、気になるのはその味だったりします。
テクノロジー

カレーの中にアルパカ!クオリティ高過ぎる「アルパカレー」

カレーの中に潜むアルパカがスゴくかわいいと話題になっていますよ!
政治・経済

合法的な植民地!?ボリビアの農地が危ない

ボリビアでは、外国人による農地の買い占めが「合法的」に横行しているようです。 横行というと言葉が悪いかもしれませんが、その買い占め具合はボリビア政府にしてみればただごとではない状態のレベルに達しそうな勢いなんだとか。危機的状態という話も...
政治・経済

なんと前年比1.5倍、チリで激増するコーヒー消費量

コーヒー販売会社大手の「Nestle」は、2011年6月までの世界販売実績が6.7%増加したと発表しました。 チリにおいては国内消費量が前年比で6割近く増加するという状況で、チリ国民のコーヒー消費がNestle社の販売増に大きく貢献し...
政治・経済

気付けば2倍!メキシコ産アボカドが高すぎてもう買えないかも

メキシコでは「金の成る実」と言われるほどホットな農産物アボカド。価格高騰でアメリカのメキシカンレストランでは肉以上の原材料となっているようです。
中南米ニュース

太りすぎたペルー人男性、家に大きな穴をあけ救急搬送される

ペルー、リマで「太りすぎた男性」が、警察官により自宅から救出されるというなんともお粗末な事件が起こったようです。ペルーが飽食の時代に突入し、過食症状に陥る人が出てきているという事実に、僕個人は困惑を隠せません。
作ってみた

無事に育つのか!?素人が挑戦するコーヒー栽培

先日、コーヒーの苗木を入手することができました。全部で36本の苗木。 コーヒー栽培の知識も、専門の設備・機材も持ってないんですけど、広い農場だけは所有しているのでダメ元でコーヒー栽培を開始することにしました。
文化・社会

揺れるエクアドルの花業界

これまで、アンデス通商促進麻薬根絶法(Atpdea)のおかげで、エクアドル産農産物の多くの品目で対米輸出の際に関税が優遇されていました。しかしこの法案そのものが、今年の2月12日で期限切れとなり、今は高い関税率が適用されるようになりました...
政治・経済

コンビーフ1.5トン、ウルグアイより日本の被災地に緊急支援

東日本大震災で被災した方を支援するためにウルグアイ政府は1500キロのコンビーフ缶を日本へ送りました。
中南米ニュース

ペルー、アルパカ肉を使ったピザを開発中

ペルーでは、地元の特産品を使った料理の開発に躍起になっています。最近ではアルパカ肉を使ったピザへの開発熱が高まっているようです。
政治・経済

打倒コカコーラ!?新たなコカ葉飲料を開発し世界を狙えるか、ボリビア

ボリビアには「コカの葉」で作ったある意味本物のコカコーラが存在します。
文化・社会

太りすぎるメキシコ、服もパンも巨大に

Photo:001787 - Madrid By M.Peinado メキシコは肥満大国です。なんとメキシコ人の70%近くが「肥満」として分類できるんだとか。 年末年始のイベント時期に、我々からしたら暴飲暴食と思えるような食事習慣が今も...
政治・経済

ボリビア、原料高騰で「パン騒動」が勃発か?

ボリビアのパン価格高騰。価格を据え置きで重さを減らしたり、質を落とさず値上げしたりと「パン騒動」が勃発。
政治・経済

コーヒーを増産する国、値上げする国

ホンジュラスなどコーヒー輸出国は、この12月、コーヒー輸出を大幅に増加させることができました。一方で日本では、コーヒー提供会社が軒並み値上げに踏み切った模様です。 大量にコーヒーが出回り始めてるっていうのに、日本国内ではコーヒー値上げ...
文化・社会

太る中南米、ダイエット志向はさらに強くなるのか!?

年末年始、中南米諸国でも飲み食いの頻度が高まる季節です。 南米ボリビアでも太りやすい季節の到来に危機感を覚えながら報じるニュースがありました。
中南米ニュース

メキシコ由来のハラペーニョから苦くないピーマンを生み出した!

辛さに定評があるメキシコ由来のトウガラシ「ハラペーニョ」の突然変異で全く辛くない品種が見つかりました。 日本の種苗会社「タキイ種苗」は従来のピーマンとかけ合わすなどして10年かけて苦くないピーマンとしての品種改良に成功したようです。 ...
作ってみた

初心者の挑戦するパパイヤ栽培:種から育ててみる

沖縄に住む友人にパパイヤの種を入手してもらう事ができたので、種まきからパパイヤを栽培してみる事に挑戦しました。 ただ、今回使用する事になった種は、友人から入手して半年以上冷蔵庫で放置していたもの。本当に発芽するのかどうかも、怪しい状態...
作ってみた

今年はパパイヤの種が入手出来そうです。

これまで、なんども挑戦してきたパパイヤ栽培。 日照不足、気温が低い、雪がふるなど困難な状況の中、飽きることなく栽培を続けているわけなんですが、実は、今年もパパイヤ栽培に着手しようと動き始めています。 今回は、種を発芽させ...
テクノロジー

キューバと日本の環境や動物を保護する活動を見て思う事

静岡テレビのドキュメンタリー「劇的キューバ旅!」と「佐渡のトキ9羽死ぬ」というニュースを見ました。 そこで環境保護に対する取り組み方にキューバと日本の間で大きな相違点があるような気がしたのです。 日本もキューバも環境や絶滅危惧動物を保...
タイトルとURLをコピーしました