ブログの枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

食・農業

自然・気候

アルパカのエサが足りない!牧草不足に悩まされるアンデスの酪農家たち

ペルー、中央アンデスで、特に標高の高い地域においてアルパカなどの家畜用の牧草が不足している問題が発生しています。原因は、気候変動による水不足です。
自然・気候

エルニーニョ現象、ペルー産マンゴーとアスパラガスに強い影響

ペルーではアスパラガスとマンゴーの生産が盛んです。ペルーの農業生産者団体によるとペルー沖の海水温が上昇するエル・ニーニョ現象によって、農作物への影響が懸念されています。
政治・経済

リャマ肉大国「ボリビア」 出荷量が300万頭を超え世界最大に

ボリビア政府の発表によると、ボリビアからのリャマ肉出荷量が300万頭を超え、ペルーを抜いて世界最大となったようです。
スポンサーリンク
楽しむスペイン語

エクアドルに自生する「猿顔」の蘭、モンキー・オーキッド

エクアドルに自生する猿のように見える花が特徴的な野生蘭について紹介します。モンキーオーキッドと呼ばれ、世界蘭覧などで話題となりました。
政治・経済

アルパカを効率的にと殺、ボリビア政府が計画するラクダ類専門の精肉処理場

ボリビア政府によると、ボリビア国内で初となるラクダ類専門の精肉処理場を建設する方針が打ち出されました。アンデス地方に生息するラクダ類といえば、リャマ、アルパカ、ビクーニャ。これらの動物を効率的に精肉できるようになるようです。
オモシロ系

初心者の挑戦するパパイヤ栽培

特別な設備を使わずにパパイヤを栽培した時の記録です。コメント欄でみなさんからの質問に答えています。
政治・経済

ペルー、感染症対策としてアルパカにも抗生物質を投与

ペルーでは、冬のシーズン到来になるとアルパカたちの感染症予防がもっぱらの心配事となります。
政治・経済

アルゼンチン 「マテ茶が高騰したので輸出禁止!」

アルゼンチン政府は「マテ茶葉の輸出禁止」を検討開始。国民的飲料であるマテ茶の価格高騰が続き、政府主導の価格抑止に向けた取り組みが本格化します。
政治・経済

ペルー、マクドナルドがツナサラダを新発売 ダイエットブームの波に乗れるか!?

マクドナルド社がペルー国内向けに新しくツナサラダなど「低カロリー」をうたった新商品を発売するようです。ペルーで近年社会問題化しつつある「肥満問題」とファストフードの因果関係を断ち切る狙いもあるようです。
政治・経済

南米チリ、チョコレートの輸入が前年の1.3倍に増加

南米チリでは、近年チョコレートの需要が大幅に増加しています。2011年のチョコレート輸入総額は3630万ドルに達し、前年の輸入総額に比して35%の増加となっています。
政治・経済

マテ茶価格が急騰中、なんと2倍!? アルゼンチン政府も動き出す騒ぎに

マテ茶価格が高騰し、アルゼンチン政府は取引価格の正常化に必死になってます。しかも、このタイミングで日本でもマテ茶飲料が発売されて騒ぎは一層大きくなってます。
政治・経済

ボリビア農家、アルパカの飼育で収入が6倍に増えました

ボリビアで、アルパカやリャマなど、アンデス地方特有のラクダ類の飼育による収益が大幅な伸びを記録しています。過去8年間の収益の推移を見ると、なんと6倍になっているようです。
健康・医療

マテ茶がペットボトル飲料に!しかも日本マテ茶協会推奨ドリンク!?

マテ茶飲料が、日本コカコーラ社より発売されました。そしてこの飲料開発に「日本マテ茶協会」という団体が大きく関わっているみたいです。日本に長くいながら存在すら知らなかった団体だけに驚きを隠せません。
健康・医療

ボリビア、コカ葉料理で有名なレストラン

ボリビアの首都、ラパス市内にコカ葉料理を出す店があります。伝統料理からパスタやピザまであらゆる料理にアレンジして加えるみたいです。どんな味なんでしょう?
政治・経済

ペルーで緑茶飲料が発売、レモン風味でペルー人好みの緑茶らしい

ペルーの大手食品製造会社「グルーポ・グロリア」が、緑茶をペルー人向けに商品化することとなったようです。レモン風味の緑茶を開発したのですが、その味が気になって仕方ありません
文化・社会

古代のペルー人も「ポップコーン」を食べてたことが米国の研究者によって明らかにされました

ペルーの古代人もポップコーンが好きでした。
文化・社会

日本の常識は通じるか?近畿大水産研究所がパナマでキハダマグロの養殖を研究

ちょっと古いニュースなんですけど、近畿大学水産研究所が、パナマ水産資源庁とキハダマグロの完全養殖の実現に向け共同研究を始めたことが掲載されてました。途上国の常識に囲まれ、どこまで研究成果が見いだせるのかが注目ポイントです。
中南米ニュース

コカ葉入りのパネトーネ、ボリビアで発売

スポンジケーキであるパネットーネは、国内ではクリスマスの時期に消費されることが多く、ボリビアでもこの時期たくさんのパネトーネが消費されています。今回、そのパネトーネにコカ葉を練り込んだものが発売されるのです。発売されるパネットーネは、15~20ボリビアーノ(約200円)で発売される見通しとなっていおり、気になるのはその味だったりします。
テクノロジー

カレーの中にアルパカ!クオリティ高過ぎる「アルパカレー」

カレーの中に潜むアルパカがスゴくかわいいと話題になっていますよ!
政治・経済

合法的な植民地!?ボリビアの農地が危ない

ボリビアでは、外国人による農地の買い占めが「合法的」に横行しているようです。 横行というと言葉が悪いかもしれませんが、その買い占め具合はボリビア政府にしてみればただごとではない状態のレベルに達しそうな勢いなんだとか。危機的状態という話も...
スポンサーリンク