自然・気候

中南米ニュース

環境破壊が進む「パナマ湾の湿地帯」

パナマ湾の湿地の環境汚染が深刻化し、マングローブ林の破壊が急速に進んでいるのです。
自然・気候

ミミズ図鑑、おそらく日本で一番詳しいミミズの専門書

ミミズ図鑑、おそらくこの書籍以上のミミズ解説書は日本には存在しないと思う。すごい本があって、めちゃくちゃ興奮したので紹介します。
自然・気候

サハラ砂漠の砂、中米に到達か

サハラ砂漠の砂が海を越え、中米に到達しつつあります。エルサルバドルなど、砂が観測された地域ではマスク着用などを呼びかけるなどの対策に乗り出している模様。
スポンサーリンク
自然・気候

ウルグアイ、港の海面にオレンジ色の謎物質出現

ウルグアイのプンタ・デル・エステ港の海面に「オレンジ色の謎物質」が出現したニュースが話題になってます。 報道によれば、関係当局は、この物質がプランクトンの異常発生によるものではないかと推測しているが、なんらかの汚染物質の...
中南米ニュース

ボリビア、座礁したアマゾンカワイルカ20頭の救出

カワイルカは絶滅危惧種なので、みんなで大事に保護しているようです。毎年このニュースを見るたびに、このイルカは本当に泳げるのかと疑問に思ってしまうけど。
中南米ニュース

エクアドル、大規模山林火災の原因は「ウサギ狩り」

エクアドルで大規模な山林火災が発生。600ヘクタール近く延焼し、鎮火に悪戦苦闘でした。その火災の要因がウサギ狩りと判明し周囲がざわついてます。
お出かけ情報

マチュピチュ、地中から新たな遺跡を発見

イタリアとポーランドの調査チームがマチュピチュ遺跡の地中に未発見の広場を発見。サグラダ広場と命名しました
オモシロ系

フンボルトペンギン、ペルー街中で迷子になる

ペルーの港町で、街中をうろついていた2匹のフンボルトペンギンが保護されました。
政治・経済

ボリビア産鉱物の7割、アジアのマーケットへ

電子機器需要の高まりもあり、ボリビア産鉱物のおよそ7割がアジア地方に向けた取引であると関係機関より発表されました。
中南米ニュース

ペルー、野生ウミガメの死とマイクロプラスチック汚染

ペルーの海岸で野生のウミガメ死体が漂着。専門家によれば、死因はマイクロプラスチック破片の誤飲。深刻化する目に見えないプラスチック粒子の海洋汚染について考えます。
テクノロジー

チリ、アタカマ砂漠で火星生活のシミュレーション

滅多に雨が降らない場所を火星に見立て、火星生活が本当にできるのかどうかをテストする模様。
文化・社会

マチュピチュ、4800トンのゴミに悩む

マチュピチュから1年間に排出されるゴミが4800トンを超えたことが話題です。ここ数年でゴミの量が1.5倍近くまで膨れ上がりました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました