ブログの枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

パナマ、アルブルック空港に旅客定期便が就航

お出かけ情報
BeanZull [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons

パナマシティの第二空港の位置づけのマルコス. A. ヘラベルト空港(通称アルブルック空港)で、旅客定期便の就航が決定しました。

パナマでは、トクメン国際空港がメインの空港です。しかし、専用の高速道路や直通のメトロが整備されているとはいえ、都心部からの距離があるため利便性に欠ける場面もしばしば見受けられます。

そのような中、航空会社のルフトハンザ・シティーライン(CLH)が、パナマ市郊外に位置するアルブルック空港を拠点に新たなサービスを展開する模様です。

アルブルック空港は、隣がバスターミナルと新都市交通もパナマメトロの終着駅となっており、非常にアクセスが良いのが特徴です。同社はこの空港を拠点とすることで、他社との差別化を図るようです。

スポンサーリンク
お出かけ情報政治・経済
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました