プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

NASA、アンデスのジャガイモを火星へ

テクノロジー

Photo:Papas By:krebsmaus07
Photo:Papas By krebsmaus07

ペルーのジャガイモが、火星に旅立つかもしれません。アメリカのNASAと科学研究チームがペルーにある国際ジャガイモセンターを訪れ、ジャガイモについての調査を行なうと発表しました。

Do Peru’s potatoes have the right stuff?

That’s the question scientists will be asking in Lima next month, when a selection of tubers will begin undergoing tests to determine whether they’re fit to grow on Mars.

NASA, the US space agency, is conducting the pioneering experiment together with Lima’s International Potato Center (CIP).

引用 : news24.com

地球温暖化による食料危機を逃れるための基礎研究

実験を行うのは、米航空宇宙局(NASA)と、リマ市にある国際ジャガイモセンター(CIP)です。ペルー産のジャガイモが火星の環境条件下において栽培可能かどうか可能性を探るために行います。

ペルーの土が火星の土と類似している

この実験がペルーで行われる最大の理由は、火星の土とよく似た成分で構成されている土が存在しているからです。ペルーにあるPampas de La Joyaの砂漠に成分のよく似た土壌となっていることがわかっています。

二酸化炭素ばかりの火星の大気が、むしろ都合の良い環境

火星の大気の約95%は二酸化炭素で構成されています。高濃度の二酸化炭素はジャガイモの栽培に適しており、地球上の一般的な栽培環境と比較して、収穫量も2倍から4倍に増加できる可能性が高いのです。

参照:NASA-led team wants to grow potatoes on Mars

4500種のジャガイモから選抜して実験を行う

研究者たちは、火星の自然環境に似せた厳しい条件下で厳密に評価され、4500品種の中から選ばれた100品種を実験で栽培します。将来的に火星での野菜栽培用ドーム建設に道を開く可能性があると期待されています。

ジャガイモの歴史 (「食」の図書館)
アンドルー・F. スミス
原書房
2014-06-27


スポンサーリンク
テクノロジー
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント