リニューアルがほぼ終了。不具合通知はこちらで!
インタビューを受けることになりました

インタビューを受ける番組は「#ばれラジ」です。メキシコを拠点にポッドキャストを配信してるパーソナリティ「わんださん」のご好意で、私の出演が実現します。現在、収録に向けて着々と準備をしているところです。

緊張するなぁ

詳細はこちら

エクアドルに93羽、コンドルの生態調査で明らかに

Photo:Condor By:Valdiney Pimenta
Photo:Condor By Valdiney Pimenta

エクアドル環境省は、コンドルの国勢調査を行いました。調査報告によれば国内に生息する野生のコンドルは93羽確認できました。

エクアドル国内のコンドルは93羽

今回行われた調査は、エクアドルにとって初となるコンドルの国勢調査。2015年9月に2日間かけて調査が実施されました。

エクアドル環境省の報告によれば、国内に93羽の野生のコンドルが棲息していることが確認されました。また、繁殖可能なコンドルの”つがい”は26組。93羽のうちの32羽はまだ繁殖年齢に達していないと見られています。

Con el Primer Censo Nacional del Cóndor Andino 2015, que se realizó los días 29 y 30 de septiembre, se identificaron 93 cóndores en el país, lo que evidencia una población de entre 94 y 102 ejemplares, el doble de lo estimado.

引用 : eluniverso.com

アンデスコンドルについて

アンデスコンドルは、空を飛べる鳥の中でも、世界最大級と言われるほどひときわ巨大な鳥であることが最大の特徴です。体重は最大で15キロ程になり、翼を広げれば約3メートルの長さとなります。

アンデスコンドルは南米諸国にまたがる山岳地帯で生息が確認されています。海風に満たされた海岸近くや、強い熱気流が特徴の砂漠など、労力を使わずに気流に乗って滑空できるだけの風がある地域に生息に生息します。

コンドルは、その生態や習性などがほかの鳥類とは異なり、人間の生活活動とのかみ合わせが合わなかった経緯があり絶滅寸前にまで追いやられている動物の一つです。

アンデスコンドルは長命であり、人工飼育下では75年を超えて生きるが、繁殖の速度は遅い。1組のつがいからは、1年置きにたった1羽のヒナが生まれるだけで、親鳥はオスもメスも一年間ヒナに気を配らなければならない。

引用 : ナショジオ

コンドルの生息数を致命的に減らしてしまったのは、狩りによる毒害(鉛の弾丸が打ち込まれた獣の肉を食べることによる中毒)、DDTなどの有機塩素系殺虫剤による環境汚染と、これの食物連鎖による生物濃縮、生息地の破壊である。

引用 : wikipedia

国旗にもコンドル

Photo:Betoging voor een rechtvaardig regularisatiebeleid By:_Skender_
Photo:Betoging voor een rechtvaardig regularisatiebeleid By _Skender_

コンドルの生息域に属するボリビア、チリ、コロンビア、エクアドルでは、コンドルを国鳥として認定しています。コンドルの姿をあしらった国章も作っており、紋章の中にコンドルの姿が勇ましく描かれています。

このように、コンドルは国や組織を象徴するなど、文化的な側面でも重要な役割を果たしています。南米の神話やフォルクローレにも登場するのは結構有名な話です!

コメント