プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

ペルー、野生ウミガメの死とマイクロプラスチック汚染

スポンサーリンク

Photo:Ross_20110213_0930-proof By:qnr
参照画像 By qnr

ペルー、タクナ県の海岸で、野生のウミガメが死んでいるのが発見されました。専門家によれば、このウミガメは、マイクロプラスチックと呼ばれる小さなプラスチック破片を摂取した事が死因ではないかとみられています。

マイクロプラスチックは、目に見えないプラスチック破片であり、海洋生物への悪影響も深刻化しているため、近年の海洋汚染問題の一つとして対応が急がれています。

マイクロプラスチックとは

マイクロプラスチックとは、非常に小さなプラスチック粒子のことを指します。

マイクロプラスチックの定義は、識者によって意見は様々ですが、1mm以下のサイズと定義することもあれば、海洋現場での採取に一般に使用されるニューストンネットのメッシュサイズが333μm (0.333 mm) であることを認識し、5mmよりも小さい粒子と定義する研究者もいます。

東京大学海洋アライアンスの研究員によれば、後者の5mmより小さいサイズであると定義しています。

参照:海のマイクロプラスチック汚染 – 東京大学 海洋アライアンス

マイクロプラスチックの海洋汚染が深刻化している

近年、マイクロプラスチックによる海洋汚染が深刻化しており、海洋生物がマイクロプラスチックと、それに付着した有害物質を摂取してしまうことによって、生物濃縮によって海鳥や人間の健康にも影響することが懸念されています。

目に見えない破片の恐ろしさを、今一度認識し、自然環境を少しでも汚染しない配慮と浄化するための具体的な行動が必要な時期に迫られているのです。


スポンサーリンク
中南米ニュース自然・気候
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント