プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

スペイン市長「公式昼寝タイム」を宣言

健康・医療

Photo:Siesta By:pedrosimoes7
Photo:Siesta By pedrosimoes7

スペイン、アドール市長が「午後2時から午後5時までの間を昼寝を取るための公式な時間とする」と宣言。

この時間帯は昼寝のために大きな声や音を出して睡眠を妨害しないよう全住民が配慮するよう通達しました。子ども達は家の中にろ、と。

公式な昼寝タイムを宣言した市長は正義か悪か?

■市長の公式宣言です
 日本人もこれくらいやったらどうかしら。とういわけでスペインからのニュース。市長が午後の昼寝をすべきと公式に推奨して話題となっております。

参照:【うらやましい】スペインの市長が全市民に「昼寝をするように」と宣言! » | がらくたGallery

スペインにはもともと「シエスタ」という休憩の文化があります。

シエスタ(西: siesta)は、スペイン語でお昼もしくはその時間の昼休憩(13:00~16:00が目安)を指す言葉である。
シエスタ – Wikipedia

スペインの文化事情を考慮すると、昼寝タイムを宣言した市長はむしろ正義感たっぷりではないのでしょうか。市長が公式に休憩時間の確保を宣言しなければならない状況になったことが私にとって驚きだからです。

ですので引用記事の日本語訳にちょっと違和感を覚えます。

私はスペイン情勢に疎いので、これ以上の議論はできませんが、昨今のスペイン経済の情勢を考慮するだけでも「休む暇がなくなってしまった」人が増えた状況を思い浮かべることができます。

過重労働の阻止が市長の狙いだったのかなぁって・・・詳細をスペインに住んでる人たちに、聞きたいです。情報をください!

元記事:Mayor of Ador, Spain, announces citywide nap time – UPI.com

スポンサーリンク
健康・医療文化・社会
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント