ポッドキャストに出演しました!

Amazon Musicの歌詞表示機能がスペイン語曲を覚えるのに便利

楽しむスペイン語

Amazonの有料会員サービス「Amazon Prime」は、優先的な配送サービスだけでなくウェブコンテンツ系サービスも充実しています。

その会員サービスの一つに音楽のストリーミング再生のできる「Amazon Prime Music」があるんですが、知らぬ間に歌詞表示機能を実装していました。

これがスペイン語曲を覚えるのに結構便利だと感じたので紹介します。

スペイン語で一人カラオケ!?

WEB版で視聴した時の歌詞表示

ダリア
ダディ-・ヤンキー

Daddy YankeeのDariaがちょうど歌詞配信に対応していたので例にとって見てみると、このように現在再生中の箇所が一目でわかるように、歌詞と並行して表示されます。

タブレットの場合は、さらに便利です。

私は、Amazon専用タブレットである「Fire HD 8」を所有しています。Amazonヘビーユーザーでなくとも、1万円を切る価格でこんなタブレットが入手できる時代。ありがたい限りです。

歌詞マークで、どの曲が歌詞表示に対応しているかわかりやすい

そんなアマゾンのタブレットは、本体の大きさの割に結構いい音を出すスピーカーを積んでいます。

大音量で聞かない限り、心地よく音楽が楽しめるので、私もよく音楽を聴くときに愛用しているのですが、こちらの端末でももちろん歌詞表示に対応しています。

そして、表示される歌詞が、見やすい。

[歌詞]マークがタイトル横に表示される

スペイン語曲のタイトル表記がカタカナである違和感は、さておき、歌詞表示に対応している曲は、画像のように「歌詞」のマークがつきます。

今回は「ダリア」を見てみます。

ちなみに、この歌のタイトルでもある「ダリア」は、花のダリアではなく「意中の人に捧げる」って意味です。

個人的には横向きで歌詞を見るのが見やすいと思った

また、再生中の歌詞は、色が反転し、今どこを再生しているかが一目でわかるようになってます。タブレット端末だと、横向き表示が見やすいと感じますが、一覧性を高めたければ縦表示がいいかもしれません。

縦向き画面では一覧性が高まる

スペイン語曲をカラオケで歌うシーンに日本で遭遇する確率は低いでしょうけど、歌を覚えておいて損はないです。

例えば、ラテンアメリカ出身の人と会話するときに「私、この曲好き!」っていいながら歌い始めると、結構話が盛り上がったりします。スペイン語の語彙力が少ない私の常套手段でもあります。

ラテン音楽が歌えるようになるだけで、スペイン語がペラペラ話せるような錯覚に浸ることができるので、みんなも試してみてね!

コメント