語学の枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

パナマ、運河流域に巨大ワニ

中南米ニュース

パナマ運河流域で体長3メートルほどのワニが捕獲され、現地で話題になっています。周辺集落で飼育されていた小動物がワニの餌食となってしまったようです。

Trasladan al Lago Gatún a cocodrilo capturado en Colón
Este sábado en horas de la tarde, autoridades de la Autoridad Nacional del Ambiente (ANAM), trasladaron al Lago Gatún al cocodrilo hallado este ...

パナマ運河流域で発見

ワニが発見されたのはカリブ海側に位置するコロン県クリストバル地区。パナマ運河の出入口となっているカツン湖(Lago Gatun)からほど近い集落です。

パナマ運河流域は、運河運営に必要となる水源を確保する目的で非常に広い範囲で自然保護区となっています。今回のワニは、この保護区域からほど近い場所で発見、捕獲されたようです。

工事中のパナマ運河近辺にワニがいたことが話題の争点

8425451808_c2c4029015_z
パナマ運河は、運河の拡張工事をしており人の往来が非常に激しい状態です。関係者の往来も頻繁にあり、このワニが放置されていれば人にも危害を及ぼしたかもしれないことが、現地で話題となったポイントなのです。

動物の死骸が発見の鍵

ワニの存在が明らかになったのは、犬、ネコ、ニワトリなどパナマの多くの家庭で飼育している動物の変死体が発見されたことがきっかけとなっています。

記事によれば、ワニがこれらの小動物を捕食していたとのこと。

発見された場所が保護区域周辺だったため、パナマ環境庁主導のもと「捕獲」されています。一時的に安全が確保できる場所で保護するのでしょうけど、最終的には自然に返す可能性もあります。

スポンサーリンク
中南米ニュース自然・気候
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました