途上国の識字率をAmazon.comを通して改善するアイデア : awaken by amazon

政治・経済
スポンサーリンク

08ce30bc.png

急成長を続ける中、文字を読むことができない人が3億人以上もいるインド。そんなインドの識字率を改善しようと試みるアイデアがすばらしいのでメモ。

世界中の学生を対象としたアイディアコンペ「Future Lions」で、インドの識字率の問題をAmazonを通じて解決しようとするのです。

awaken by Amazon

アイデアの原点=識字率の向上は読書をすることのみ

本を読む機会が少ないから、識字率が上がらない。

じゃぁ、いらなくなった本をAmazonの配送システムと電子書籍のプラットフォームを使って、本を送る側と受け取る側が互いに利益を享受していこうというアイデアです。

ユーザーはAmazonを通じて不要な本を送り、その変わりに電子書籍版を受け取る。不要となった本はインドなど書籍が十分にそろっていない国へ送られる仕組み。

Amazon側がその気になれば、明日にでも実現できてしまいそうなほど具体的で素晴らしいです。

読書が「知識」と「行動」に変わる本 (Asuka business & language book)
大岩 俊之
明日香出版社
売り上げランキング: 7,268

日本チームがFuture Lionを初受賞! インドの識字率を解決するアイデア「awaken by Amazon」が素晴らしい! | 着ぐるみ追い剥ぎペンギン

コメント

タイトルとURLをコピーしました