世界一標高の高いボリビアの空港で飛行機の性能テスト エアバス社

中南米ニュース
スポンサーリンク

ボリビアのコチャバンバ(標高8300フィート)と、ラパスのエル・アルト国際空港(1万3300フィート:世界一)で、機体が正常に機能するかテストする記事を紹介。

エアバス、A350の高地試験をボリビアでスタート

空港が世界一標高の高い場所にあるボリビアだからこそ実現出来る事で、設備を利用して極限条件下を再現するのではなく、高高度の空港であるボリビアの現地で直接試験する所に壮大なロマンを感じます。

飛行機の性能テストという特殊な分野ではあるけれども、ボリビアが世界の役に立ってます。ただ、現地でやってしまおうという発想に驚き。その方が低い予算で実現出来るんでしょうけど。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました