キューバ、ラウル前議長の孫娘がエアビーで闇営業してたことがバレる

政治・経済
スポンサーリンク

キューバのラウル・カストロ前議長の孫娘、ビルマ・ロドリゲス氏が偽名を使ってエアビーの闇営業をしていたことが話題になってます。

ビルマ氏は、ハバナ市内に上記ツイートに掲載されている部屋を保有しています。彼女は、この部屋をAirbnb(エアビー)を通じて外国人旅行者らに貸していました。

エアビーで公開している部屋の予約名は「Casa Vida Luxury Holidays」です。4部屋あり、最大10人が宿泊できるとのこと。宿泊料金は時期にもよりますが、5万円から6万円が設定されています。

問題となったのは、この部屋をエアビーで民泊として貸し出す際に、物件オーナーである彼女の立場が分からないよう、別の人物の名前を使用して営業活動をしていたこと。名義隠しの闇営業が問題視されているのです。

記事執筆時点では該当の部屋が予約可能なので、気になる方は問い合わせてみると楽しいかもしれません!?

あれはんどろ
あれはんどろ

日本円で約6万円。物件の所有方法に問題があるとはいえ、こんなゴージャスな部屋に一泊してみたい。日本のエアビーからも予約可能ですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました