プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

チリ、子供の名付け「イサベラ」と「マテオ」が首位

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Photo:Baby toes By:sabianmaggy
Photo:Baby toes By sabianmaggy

チリ、バルパライソ州(第5州)に2017年に提出された出生届から子供の名前ランキングが発表されました。

Durante 2017, Isabella y Mateo fueron los nombres más inscritos en el registro civil en la región de Valparaíso, encabezando la lista de cerca de más de 20 mil nacimientos.

引用 : biobiochile.cl

女の子「イサベラ」、男の子「マテオ」が一番人気

バルパライソ州に生まれた子供は2万人ほどで、その中から上位10位までの名前を、この州の市民登録局が発表しました。女の子の1位はイサベラ(Isabella)で319人、男の子はマテオ(Mateo)で434人の届け出があったとのこと。

2位以下の女の子の名前はイサベラに続き以下のとおり

イシドラ(Isidora)、フロレンシア(Florencia)、ホセファ(Josefa)、ソフィア(Sofía)、アグスティーナ(Agustina)、エミリア(Emilia)、マイテ(Maite)、エマ(Emma)、フリエタ(Julieta)

これまで女の子では「ソフィア」を名付ける傾向が強かったが、今回の統計ではその順位が逆転しました。ただチリ国内全体で見ると、依然としてソフィアが人気のようです。

男の子はマテオに続き以下のとおり

アグスティン(Agustín)、ビセンテ(Vicente)、ガスパール(Gaspar)、アロンソ(Alonso)、ベンハミン(Benjamín)、ホアキン(Joaquín)、ルーカス(Lucas)、マシミリャーノ(Maximiliano)、トマス(Tomás)

男の子の名前「マテオ」は、チリではとてもポピュラーな名前で、こうした名付けランキングでは常に上位にランクインするようです。

スポンサーリンク
文化・社会話題のトピック
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント