ラテン文化の話から日々の創作活動までを記録してます

アルゼンチン、下着姿で地下鉄乗車する脱衣ブーム到来

中南米ニュース

 

アルゼンチン、ブエノスアイレスの地下鉄「Subte」に、下着姿の人々が集合し話題となりました。

集まった男女らは、パンツ、スカートなどを脱ぎ、下着姿でスブテを利用。目のやり場に困る人が続出の反面、オイシイ思いを享受出来た人もいたようです。

SNSサイトを通じた呼びかけで開催、多数の参加者

これは、FacebookやTwitterなどのSNSサイトを通じて呼びかけられたイベントです。以前もSNSサイトを通じて行われており、今回は1月13日にスブテの「リネアD」で実施されました。

ここ最近のソーシャルネットワークの強さと言うか、情報拡散の勢いには驚かされます。何より、そういった突出した活動の呼びかけに人々が賛同している社会にも時代の変化を感じずにはいられません。


ガーターベルトは反則!

b0d64fe6.jpg

暑い夏により涼しい格好をするということと、価値観を打破するという2つの意味があるようです。公共の場できわどい姿になる事は、どの国でも規制されていることです。

しかし、下着姿はあくまでも「脱衣した行為」の範囲内なので、アルゼンチン国内においては違法ではないようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました