ポッドキャストに出演しました!
お問い合わせに関して

現在、各種お問い合わせへの対応に遅れが出ております。取り急ぎ、Twitter DMで対応しておりますので活用いただけますと幸いです。

Twitterで問合せ

新聞の役目はいつまで続くのか、そしてスペイン語新聞は復活するのか

政治・経済

新聞の役目はいつまで続くのか考える機会がありました。
ba4823c4.jpg

既知の情報だと思いますが、新聞の発行部数は年々確実に減少しています。以前購読していた新聞が突如休刊に追い込まれてしまう事態も実際出てきています。中でも、愛読していたスペイン語新聞の休刊には苦い思いでもあります。

今回は、縮小する紙媒体の情報伝達が今後どのように変貌するのか考えてみました。

紙媒体であるが故に、苦戦に追い込まれる新聞業界

これは日本の新聞業界の最近の推移です。グラフを見れば一目瞭然ですが、日本国内における新聞の発行部数は年々確実に減少しています。
gn-20120112-03
1年間で98万部減……新聞の発行部数などをグラフ化してみる(2011年分・新聞業界全体版):Garbagenews.com

新聞業界が苦境に立たされているのは説明不要の話ですが、日本国内で発刊されている新聞で、苦境に立たされている新聞の中に、スペイン語新聞も含まれていました。

突然の休刊という名の廃刊になったスペイン語新聞

ipc_digital
これは2年ほど前まで私が愛読していたスペイン語新聞です。日本では唯一無二のスペイン語情報誌とであり、語学学習の意味としてもよても有意義な媒体だったと記憶しています。年間購読をしていました。

ところが2010年10月に突如休刊となりました。

諸説ありますが、運営会社が儲かっていなかったのでしょう。年間購読のため一括払いしていたお金がなかなか返金されなかった思い出も苦い所です。おそらく運営会社の資金繰りが相当厳しかったのだと想像に容易いです。

このスペイン語新聞は、現在も電子版として継続されていますが、それは諸外国のニュースサイトと何ら変わらない体裁を取っているので継続して読む事が少なくなりました。スペイン語新聞の終わりと同時にメディアとしての意義が失われていってしまった事例の一つのように感じてなりません。

ここで新聞としての役目が終わってしまうのではないかと危惧していたのです。

電子化が加速する情報伝達

新聞にしても、書籍にしても「電子化」の動きが活発になり始めています。

これも時代の流れだとは思いますが、先のスペイン語新聞の事例を考えれば、可能な限りの経費削減で最大限の役目を得ようとすると電子化された情報を伝達させることがコストパフォーマンスの高い手段である事は明確です。

私も先日電子書籍端末を購入し、電子化された書籍や冊子を購読する体験をしています。これはやはり便利ですし、なにより場所をとらないのが大きなメリットとなっています。

電子ペーパーという技術は、見た目が殆ど紙面と見間違えるようなディスプレーです。この技術を持ってすれば、新聞は神以上の紙「電子ペーパー」での購読が最も効率的な購読手段になる日が近いと感じます。簡単に言えば次の日になればただのゴミになるものを受け取る必要性を強く感じなくなってしまうのです。

内容で勝負する新聞が出てほしい

このように電子化が加速する情報伝達の中で、紙媒体の新聞が今後も必要とされる意義が徐々に薄れているのではないかと危惧しています。電子化されれば印刷する必要も、配達する必要も無くなり、内容の深い新聞が重宝される事になるはずです。

新聞を始め、紙媒体では発行部数の制限によって実現出来ず廃刊に追い込まれてしまう出版業界に、電子化された書籍が一縷の望みとなる日も目の前に来ているのではないかと感じます。

特に、急遽休刊となり返金処理に遅れをとっていたスペイン語新聞は、どこかのタイミングで電子書籍端末を利用した新聞発行を復活させてほしいと願うばかり。お金はいくらでも払うので、日本国内でのスペイン語情報の発信をインターネットだけではない形で実現してほしいのです。

新聞自体はとても重要な媒体

紙だろうと、電子化されていようと常に何らかの形で、私たちはそこにある情報を入手しています。新聞の役目は、情報伝達の中でも地域や文化に根ざした物があると私は考えています。重要な情報媒体をどうやって、将来に残していくのか。

時間とともに淘汰され始めているところに、歯止めをかけたい思いでいっぱいです。

スポンサーリンク
政治・経済文化・社会
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ブログ更新よりも、ツイッターでいろんな人と絡み合うのにもっぱら夢中。

あれはんどろをフォローする
スペイン語を楽しく身につけよう!
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント