語学の枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

アルパカのエサが足りない!牧草不足に悩まされるアンデスの酪農家たち

自然・気候

Photo:Alpaca at Hacienda El Porvenir, near Cotopaxi, Eduador By:Dallas Krentzel
Photo:Alpaca at Hacienda El Porvenir, near Cotopaxi, Eduador By Dallas Krentzel

ペルー、中央アンデスで、気候変動による深刻な水不足が発生しています。

雨が極端に少なく、このため牧草が育たず、特に標高の高い地域においてアルパカなどの家畜用の牧草が不足しているのです。

El responsable de la Dirección Regional de Camélidos de Gobierno Regional de Huancavelica, Teobaldo Quispe Guillen, señaló que la región más de 15 mil familias dedicadas a la crianza de camélidos son afectados por los cambios climáticos registrado en los últimos años.

引用 : diariocorreo.pe

深刻な水不足が原因

中央アンデスを含むペルーのシエラ地方では、アルパカやリャマを中心としたラクダ類の飼育が盛んです。

この地方にある、ワンカベリカ県はペルー国内生産の6.5%となるラクダ類が飼育されており、これはラクダ類繊細の盛んな他の地域(プーノ、クスコ、アレキパ)に次いで国内で第4位となっています。

そんなワンカベリカ県の標高が高い地域を中心に、アルパカ飼育のための牧草が不足しているのです。えさ不足の最大の原因は、水が足りないからです。

灌漑設備の無い地帯は9割以上

ラクダ類の飼育団体の調べによると、この牧草不足に直面している飼育農家は1万5000世帯にのぼるとみられており、牧草栽培に必要な灌漑設備が足りていないことが原因とされています。

牧草地帯の96.12%が灌漑設備などを全く導入していない帯域となっているのです。

零細の酪農家が設備導入までして牧草を育てる事も無く、放牧と言っても過言ではないような形式でアルパカなどの肥育を続けてきた事も牧草不足の原因ではないかと考えられています。

この傾向は他の地域にもみられるようになっており、さらに近年の気候変動の影響もあって、より牧草が育ちにくい環境に変わってきていることも、指摘されている原因の一つです。

スポンサーリンク
自然・気候食・農業
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました