南米の女性大統領がメキシコでトップ会談、この二人すごい人生です

政治・経済
スポンサーリンク

Acuerdo-Cristina-Kirchner-Rousseff-Cumbre_CLAIMA20120619_0029_29先日、アルゼンチン、ブラジル両国のトップ会談が行なわれました。

アルゼンチンのクリスティナ・フェルナンデス大統領と、ラジルのジルマ・ルセフ大統領による会談で、欧州の信用不安による経済状況に両国が協力し合って対処していくことなどが話されました。

参照:Cristina y Dilma acordaron hacer frente a la crisis en conjunto

今回のトップ会談は南米を代表する女性大統領同士となり、現地ニュースでは結構話題にあがっていたのです。そこで、今回は二人の女性大統領について調べました。

夫から政権を奪ったアルゼンチン大統領

e842e05c.jpg
クリスティーナ・フェルナンデス
第56代アルゼンチン共和国大統領
任期:2007年12月10日〜

アルゼンチン史上、女性大統領の前例はファン・ペロン大統領の3番目の妻イサベル・ペロンがあるが、これは夫が大統領在職中に亡くなり急遽副大統領から昇格したものである。そのため、選挙で当選した女性大統領としてはクリスティーナ・フェルナンデスがアルゼンチン史上初めてであり夫婦間での政権移譲は非常に珍しいケース。「うちのダンナに政治なんてできやしないわ」って政権の座を乗っ取ってしまったすごい人。

参照:クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル – Wikipedia

ゲリラ参加経験ありのブラジル大統領

8a71f88a.jpg
ジルマ・ヴァナ・ルセフ
第36代ブラジル連邦共和国大統領
任期:2011年1月1日〜

1960年代の軍事政権時代に、非合法左翼ゲリラ組織の武力闘争に参加、秘密警察に拘禁された経験もある。1967年9月、同じゲリラ組織で活動していたジャーナリストと結婚、70年代末に離婚。その後、政治活動家の男性と再婚するも、2000年に離婚している。壮絶な人生を歩んできた大統領です。

参照:ジルマ・ルセフ – Wikipedia

すごい二人が会談をしたって事が、今回の調べでわかりました。

女性の偉大さ、強さ、そして何にも負けない「意地」を感じずにはいられない過去をまじまじと見せつけられたような気がします。女の人って本当に「強い」んですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました