プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

アルパカを効率的にと殺、ボリビア政府が計画するラクダ類専門の精肉処理場

政治・経済

1d5249f6.jpg
ボリビア政府によると、ボリビア国内で初となるラクダ類専門の精肉処理場を建設する方針が打ち出されました。アンデス地方に生息するラクダ類といえば、リャマ、アルパカ、ビクーニャ。これらの動物を効率的に精肉できるようになるようです。

この処理場予算に2000万ボリビアーノ(約2億3000万円)が準備されています。

毛織りのためだけでなく、食用にも

アンデスではリャマ、アルパカ、ビクーニャ、グアナコの4種類のラクダ類の動物が棲息しており、ボリビアでは、ラパス、オルーロ、ポトシ県を中心にリャマやアルパカの飼育が盛んとなっています。

これらの毛は、織物などに使用されることは良く知られている事ですが、食肉用としても飼育されているのです。

最近では、このアルパカ飼育で所得が6倍にまでアップした農家もいるほど、今アルパカ飼育がアツいのです。

参照:ボリビア農家、アルパカの飼育で収入が6倍に増えました

精肉処理場建設に2億3000万円の予算

農村開発省の副相が発表したところによると、ボリビア、オルーロ県北部のトゥルコに、国内初のラクダ類専門の精肉処理場を設ける計画が進行しており、その建設予算として2000千万ボリビアーノが決定しました。

また、ウゴ・バスケス副大臣によると、この施設は1日当たり350頭の精肉処理を実現可能とする計画だそうです。

参照:El Gobierno invertirá Bs 20 millones en la construcción del primer matadero camélido en el país

スポンサーリンク
政治・経済食・農業
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント