プロモーション記事のお問い合わせはこちらから!

ペルー、感染症対策としてアルパカにも抗生物質を投与

政治・経済

Photo:Caramelo By:Bruno Girin
Photo:Caramelo By Bruno Girin

日本人にとってペルーと言えばアンデス文化やインカの歴史よりも「アルパカ」と答える人が多いと感じております。皆さんこんにちは。

ペルーは南半球になるので日本が夏を迎える頃は冬です。アルパカにとっても冬は厳しい季節であり、本格的な冬のシーズン到来になるとアルパカたちも風邪を引くというか、感染症にかかりやすくなります。

そこでアルパカに対しても予防接種をするのです。

抗生物質の投与で1500万円以上の予算

ペルーのシエラ)地方は現在、本格的な冬に向かい出す季節となり、朝晩の冷え込みが厳しくなっています。
先に述べたように、アンデス原産のラクダであるアルパカも、この冷え込みの影響を受けやすくなり、感染症が増える傾向にあるのです。

そこでペルーでは「南米ラクダ特別プロジェクト」なる部隊を立ち上げ、ペルー国内のアルパカに、抗生物質を投与する活動を始めたのです。現時点での対象は11の行政地域となっています。

このプロジェクトの報告によると、アルパカの抗生物質を投与するのにかかる費用は50万ソル(1520万円)だというので驚きです。

記事:Inmunizarán con antibióticos a 600 mil alpacas ante inicio de heladas

スポンサーリンク
政治・経済食・農業
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
この記事を書いた人
あれはんどろ

スペイン語とラテン文化の話で盛り上がってくれる人を大募集。ツイッターでもスペイン語と関わりのあるいろんな人と絡み合ってます。

あれはんどろをフォローする
表現力を鍛えるスペイン語教材
スペイン語表現力トレーニング

スペイン語の表現力を鍛えることで、言葉の個性を演出することができるようになります。より深い話をスペイン語で実現するためのヒントが満載の一冊。

日本語から考える! スペイン語の表現

あの表現は、スペイン語でどのようにいい回すのか。

日本語で考え、スペイン語でどう伝えるのか表現方法を覚える。シンプルなことだけど、スペイン語を学習する日本人にとって非常にありがたい参考書の一つです。

スペイン語学習のヒント

コメント