ラテン文化の話から日々の創作活動までを記録してます

アルゼンチンでの奇跡、霊安室から赤ちゃんが生還 母乳を飲むまでに回復

中南米ニュース

アルゼンチンでは、今一人の赤ちゃんに国民が注目しています。

超未熟児で生まれてきた女の子は、生後間もなく死産と判断され霊安室に保管されていたのですが、両親が見に行くと死んだはずの赤ちゃんが生きていたのです。

奇跡の生還を遂げた女児は、病院の懸命な治療と周囲の人々の愛情が女児を回復させ、ついに母乳を飲むことができるまでに回復しました。

事件発生の4月12日から時系列でまとめてみました!

4月12日:母親の「最後に会いたい」が発見のきっかけ

luz_milagro_padres4月12日、アルゼンチン、チャコ州にあるぺランド病院で事件は起きました。

この病院の産科で、一人の女性が早産で超未熟児の女の子を出産したのですが、病院側の判断で「死産」であると確認されたのですが、その12時間後、死産だったはずの子が、霊安室で生きていることが分かったのです。

死んだはずの女児が保管されていた霊安室で「異変」に気づいたのは、諦めきれずに子の顔を見に行った、母親でした。霊安室内は低温で維持されており、病院関係者もこの状態で12時間、生きているとは思わなかったそうです。

この事件を受け、アルゼンチン保健省はこの出産から死産との判断に関わった医師5人に、処分を下しました。 今後女児の治療はブエノスアイレスのイタリア病院から派遣された医師が、ケアを行なう。

記事:Suspenden a 5 medicos que dieron por muerta a una beba prematura que desperto en la morgue

4月13日:一時危篤の状態に戻る

7420022b.jpg
事件発生から1日経過し、事態は急変します。女児は超未熟児であるため容態が安定しないと病院が発表しました。

女児の状態は極めて重く、一時心停止になりるなど、「きわめて重い状態」にあることを明らかにしています。担当医師によると、女児は早産だったために心臓や呼吸器に脆弱な部分があるようです。それでも、「今は落ち着いた状態にある」として、医師や看護師が懸命の努力を続けていると語っています。

記事:Es grave el estado de salud de la beba dada por muerta

4月16日:ルス・ミラグロスと名付ける

luz_milargosこの時点で女児の名前が決まりました。
霊安室から奇跡的に生還し、人々に希望の光をもたらしたことを受け、女児の家族らは、「光」と「奇跡」を意味する、ルス・ミラグロスという名前をつけました。

ルス・ミラグロスの状態は、霊安室という低温で悪環境にいたため、まだ重篤な状態を脱していない。ただ、ルス・ミラグロスは母親の存在や声に反応するなど、母子間の絆が着実に生まれつつある状態で、この状況をみて医師たちは「希望が持てる」とも語っています。

記事:Los medicos buscan reforzar el vinculo de Milagros con su mama

4月18日:呼吸器の発育不全のため、今後2週間が山場

luz_milargos2ルス・ミラグロスを診察している医師の今後の見通しによると、呼吸器の発育不全で、鼻から息を吸って呼吸をする動作が、まだ十分にできていないため、今後15日間の彼女の生育が、生き残れるかどうかの山場になるということ。

また、この時点では母乳、ミルクを含め、自らの口で栄養を得ていない状態だという。それでも女児の容態は安定しており、医師のケアによって無事に成長を続けている。

記事1:Luz Milagros esta en ayuno por intolerancia a la leche
記事2:Luz Milagros sigue mejorando y ahora respira por su cuenta

4月24日:母乳が飲めるようになり体重も微増

ルス・ミラグロスがようやく母乳を飲めるようになり、体重もわずかに増えました。

ゆっくりと回復基調にあり、母親の母乳を飲むことができるまで回復したのです。出生から20日が経過し、体重も820グラムから850グラムとわずかに増加したことが担当医師によって伝えられました。

それでも1000グラム以下の赤ん坊は超未熟児であることに違いはなく、今後も万全の体制でケアにあたる必要はありそうです。

記事:Luz Milagro se alimenta con leche materna

ニュース映像:生き返った赤ん坊

コメント

  1. 紅葉 より:

    奇跡の生還じゃなくて病院が酷すぎるだけだと思う
    何で医療ミスを美談に仕立て上げるんだろ

  2. 管理人 より:

    紅葉さん、コメントありがとうございます。
    確かにこのニュースは典型的な医療ミスです。日本ではあり得ない話です。もし紅葉さんが「医療ミスを奇跡」と報じることに遺憾の意を表すのであれば、それはアルゼンチン社会に身を置く人々の抱える「潜在的な問題」と考えることができるのかもしれません。
    この記事のタイトルもやや挑発的な文面ですが、これは現地メディアでも使われていた「milargo(奇跡)」をそのまま記事タイトルに採用しただけです。当方でこの件に関して話を誇張したとは認識しておりません。
    当サイトはあくまでも「中南米の今」を伝えることに主眼を置き編集作業を行っています。

タイトルとURLをコピーしました