語学の枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

南米チリ、チョコレートの輸入が前年の1.3倍に増加

政治・経済

Chocolate南米チリでは、近年チョコレートの需要が大幅に増加しています。単なるお菓子としてだけでなく、健康維持にも欠かすことのできない食材として再認識され始めたからです。

2011年のチョコレート輸入総額は3630万ドルに達し、前年の輸入総額に比して35%の増加となっています。

チョコレートで健康維持

チョコレートの種類別では「ボンボン・ショコラ」が市場の46%を占め、これに次ぐのは「板チョコ」となっており、どちらも前年よりも3割ほど増加しているようです。また、輸入国のトップはアルゼンチンで全体の22%。続いてブラジルが18%、アメリカ17%となっています。

easter eggsチリ国内において、チョコレートが単なる嗜好品だけでなく、健康効果も認められ始めており、チョコレートの急激な需要増への対応のために、輸入が増加していると考えられています。復活祭に需要の多い、いわゆる「イースターのタマゴ」も増加しているんだとか。

チリ国内におけるチョコレート需要が今後どこまで高まるのか注目です。

スポンサーリンク
政治・経済食・農業
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました