イラスト投稿を楽しんでます。みてね!

ボリビア、コカ葉料理で有名なレストラン

健康・医療
スポンサーリンク

コカ葉料理の専門店

ボリビアの首都、ラパス市内にコカ葉料理を出す店があります。

コカ葉は、アンデス原産のハーブでさまざまな効能があります。ボリビア先住民にとっては文化的な意味でも重要な農産物となっています。

コカ葉は、コカインの原料になることから世界的には一般的な食材ではありません。そんなコカの葉を使った料理を客に振る舞う人気料理店が気になるので調べました。

外国人が興味津々のコカ葉料理

この店は、写真の料理人、ミルコ・バルガスさんがシェフを務めています。現在35歳なんだとか。「コカ葉料理」を食べに来る利用客の多くは、外国人観光客だそうです。

この店の料理はコカ葉のペーストを使用するだけでなく、飾りにもふんだんにコカ葉を使用しています。

近日中に、ラパスの伝統煮込み料理店でもコカ葉を加えた料理としてメニューに登場したそうです。

ボリビアを訪れる予定の人は是非!

コカ葉料理を食べることのできるレストランは、ラパス市内、ロセンド・グティエレス通りとサンチェス・リマ通りの角にあります。

Rosendo Gutierrez
ボリビア ラパス

「ラ・コカ」という名のレストランです。この店では、コカ葉のペーストを使用したパスタ料理やピザなどを提供しています。さらに鶏肉料理やティラミスなどのデザートにも使っているようです。

世界各国からのさらなる理解が必要

ボリビア大統領エボ・モラレス氏は、現在様々な国際会議に出席する中でボリビア国民の伝統的なコカ葉利用に対する理解を求めています。

コカインという麻薬が存在する一方で、コカ葉利用は我々の文化であるという主張は相反するもののように見えてきます。これまでにも当ブログにおいて「コカ葉」に関連する記事をお伝えしてきました。

ボリビア大統領は果敢に、自分たちの文化であるコカ葉利用を認めてもらおうと世界に訴えています。

ウィーンで開催された「国際麻薬統制委員会」に出席し「コカ葉が、人の健康に被害を与えるデータは存在しない」と主張するなど、ボリビア人のコカ葉利用を推進することにかなり力を入れています。

しかし、コカ葉自体は薬物依存を引き起こす作用を有しているので、世界各国からの視線は冷ややかなものです。今後、コカ葉利用が国際的にどのような見方をされていくのか、ボリビアは世界から理解されるのだろうか。

ボリビア文化に根付いたものだけに、すごく気になってる話題の一つです。

スポンサーリンク
サポートのお願い
私の創作活動をサポートしてくれる方を募集してます

イラスト作成など、私の創作活動が盛り上がってきたので、クロッキー帳、筆記具など、創作活動に必要な消耗品のサポートをしてくれる方を募集します。

Amazonのウィッシュリストで公開していますので、よろしくお願いいたします。

健康・医療食・農業
この記事をお友達に紹介してください
プロフィール
あれはんどろ

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました