消しゴムはんこと樹脂粘土に夢中です!

アルゼンチン、首都で電動自転車の無料レンタル開始

お出かけ情報

アルゼンチンでは行政が運営管理する無料の自転車レンタル事業が導入されています。

ブエノスアイレス市は、このレンタル自転車に、電動モーター付きの新型車を15台導入しました。現地の交通事情や自転車専用通路の整備など課題も多いですが、観光産業に一役買いそうな事業の発足です。

スペイン発祥の自転車レンタル事業をアルゼンチンへ

250px-Estacio_bicing_bcn自転車レンタル事業の手本となったのは、スペインですでに事業化している『ビシング(Bicing)』と呼ばれるレンタサイクル事業です。2007年にバルセロナで開始されました。

『ビシング』は最初から公共交通機関の一環として企画され、特に公共交通機関網の末端における役割が期待されています。アルゼンチンは、スペインで行われているこの事業を模倣する形で取り入れたのです。

参照:バルセロナ(スペイン)の『ビシング』自転車

専用ステーションも設置


ブエノスアイレスでは、自転車の積極的な活用が進められています。

日本の観光地でも積極的に行われている自転車のレンタルですが、アルゼンチンも同様の目的で自転車が導入されており、博物館めぐりやパレルモとよばれる森林地区を訪れる観光客向けに貸し出されています。

市内では自転車レーンの整備が段階的に進められ、貸自転車の「ステーション」も増設されているところです。まだまだ発展途上ですが、このビシング事業は観光客だけの普及にとどまらず、ビジネス客や日常利用者からも支持されており、市民の間でも根づきつつある事業となっているようです。

https://www.clarin.com/capital_federal/Descubrir-Ciudad-bici-tener-pedalear_0_r1xWLEPnw7l.html

どこで自転車を借りることができるのか

コメントにて「自転車を借りる方法を知りたい」と要望がありました。ただ、私自身もアルゼンチンに滞在した経験がないので、わかる範囲でお答えします。

自転車のステーション

星印がステーションの位置となっています。

利用方法

身分証明書を提示し会員登録。会員証があれば午前8時から午後9時までのあいだ自由に利用できるとのこと。利用料金については不明。

詳しいことはブエノスアイレス市の公設サイトで詳細情報が記載されています。

Ecobici
Disfrutá del transporte público en bicicletas de la ciudad. Es gratis, las 24 horas, todos los días del año.

コメント

  1. Ryuuu より:

    5月にブエノスアイレスとロサリオにいきます。南米は初体験で危険度の高い所とか。。。
    観光は独りでするので市内を自転車で移動しようと思ってますが、どこでレンタルできて幾らくらいのレンタル料でしょうか?ロサリオも出来るのでしょうか?
    教えていただけましたら幸いです

  2. 管理人 より:

    お問い合わせありがとうございます。
    私のわかる範囲でご質問の回答になりそうな情報を記事に追加しましたのでご参照ください。ただ、私自身アルゼンチンへの滞在経験がないので、調べられることに限りがあります。いくつかのスペイン語サイトからの情報を横流しするだけなので、ご容赦ください。
    > 南米は初体験で危険度の高い所とか…
    と、ありますが中南米の都心部は、日本大使館が公開しているレッドゾーン(危険区域)を除き、基本的に安全です。旅立つ前に参考にしてみると良いと思います。それと自転車のレンタルはロサリオでもできそうですが、ツアー客向けのサービスとして展開している可能性が高いです。英語サイトでいくつかヒットしましたので「Bici Argentina Rosario」といったキーワードで検索してみてください。
    個人的には、レンタル自転車のことも含めて、現地の「観光案内所」で聞き込みすることをお勧めします。その方が、旅そのものが楽しくなると思いますよ。
    「旅の恥はかき捨て」です。楽しんできて下さい。

  3. Ryuuu より:

    具体的なお答え、ありがとうございました^^ ロサリオ5泊(連泊)、ブエノス2泊(ただし連泊でないw)です。郷に入れば郷に従え ですね^^
     

  4. 九鬼内雄 より:

    とても素敵な内容が含まれている。

タイトルとURLをコピーしました