キューバ人監修によるキューバ初のゾンビ映画「Juan de los muertos」

文化・社会
スポンサーリンク

キューバ人監督が手がけた、キューバの映画史上初となるのゾンビ映画が公開されました。

ハバナシティーの随所で撮影が行われており、キューバ大好き人間は見逃せない映画となりそうです。キューバの雰囲気が少しは味わえるのではないかと。

参照:Juan of the Dead公式ウェブサイト

バッサバサ、ゾンビ倒すストーリーです

juan_de_los_muertos
40歳になるフアン(主人公)は、これといった仕事をすることもなく人生を費やしていた。相棒のラサロもフアンに引けず劣らず怠け者で楽観的な人生を送っている。これが彼らの生き方であり、彼らの価値観としてはそれで良かったのだが・・・

監督・制作はキューバ人のアレハンドロ・ブルゲス。キューバ史上初のゾンビ映画はどんな展開になるのでしょうか。

ムービートレイラー公開

Juan of the Dead – Teaser 1

世界の映画ファンから言わせると、このゾンビ映画自体への期待値はやや低い模様。キューバっていう国そのものへの関心と、キューバから映画が出てきたという話題性が先行しているようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました