語学の枠を飛び越えて活動中。詳細はこちら≫

無事に育つのか!?素人が挑戦するコーヒー栽培

管理人の雑記

DSC02167
先日、コーヒーの苗木を入手することができました。全部で36本の苗木。

コーヒー栽培の知識も、専門の設備・機材も持ってないんですけど、広い農場だけは所有しているのでダメ元でコーヒー栽培を開始することにしました。

植え付け日は6月1日

DSC02168
ポットに3粒ずつ播種された形で、管理されていた苗木。畑にこのまま植えるのではなく、一本一本バラバラにして植え付けることにします。合計で36本あるんですけど、そのうち10本は室内管理用に鉢植え栽培することにしました。

この日は雨、雨、雨

DSC02174
雨の日に畑に入ることは「農家としてやってはいけない」ことの一つなんですけど、僕の都合とかいろいろ事情があってコーヒーの苗木の畑への定植を強行しました。当然終わった後はびしょぬれです。

植え付け前のメモ

ただただ植え付けるのも勿体ないので、事前にコーヒー栽培についていくつか調べておいたのでメモしておきます。これを真似る人は少数だと思うけど、何かの参考やネタにしてください。

  • コーヒーは熱帯地域にある山の中腹で栽培されることが多い
  • 実は耐陰性が強い(日陰でも大丈夫ってこと)
  • 熱帯地域でもバナナや果樹の陰になるような場所に植えることが多い
  • 日本でコーヒー栽培はされている(徳島で栽培した報告はすごい参考になる)
  • 今回使用するコーヒーはアラビカ種
  • 一般的には寒さに弱いが、こちらの報告では冬に枯れるかどうかは実践しないとわからない

植え付け

DSC02173
冬に枯れないことを想定し、また、とても大きく育ってくれることを祈るように植え付け間隔は縦×横5尺(1.5m)にしました。余談ですけど、農業の世界では未だに「寸」や「尺」といった単位が常用されてるんですよ。

また、夏の強い日差し対策ってことで午後の強い日差しである「西日」だけはさけるように、建物の陰に隠れる場所を選定しました。なので、今回のコーヒー栽培は畑の隅っこでしめやかに行われます。この日は、僕のおばあちゃんが手伝ってくれました。ありがとぅ!

鉢植え栽培とほ場での栽培でどうなるか

「冬の寒さで全滅しました!」って報告だけは避けたいので、室内管理も同時に行いながらコーヒー栽培を開始します。何の設備もない畑で、しかもズブの素人が作るコーヒーがうまく成長してくれるのでしょうか。パパイヤ栽培で成功したのをいいことに、またまた馬鹿なことにチャレンジします。

みなさま、暖かくご支援ください。

スポンサーリンク
管理人の雑記食・農業
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
このブログの管理人です
あれはんどろ

最近、イラスト描いたり、消しゴムはんこ作ったりする方面に興味湧いてきた。ラテンアメリカの著名な作家さんの作品に感銘を受ける日々を過ごしてます。

あれはんどろをフォローする
スペイン語をKindleで学習しよう
Kindle Paperwhiteを選んでおけば間違いない!

最新モデルのKindle Paperwhiteはこれまでのモデルの中で最も薄く、最も軽いなので、いつでもどこでも持ち歩けます。

思い立ったらスペイン語を多読。Kindle Paperwhiteなら電子書籍のメリットを最大限活かしたスペイン語学習を実践できますよ。

スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました