ペルー、都電の開業が間近に

文化・社会
スポンサーリンク

tren_electronico_lima
ペルー、リマで建設中の電車が、7月11日から運行を開始する見通しとなったことが発表されていました。開業当初は、なんと無料で利用出来ると話題になってます。

運行を開始する見通し、7月11日から

リマでは新しい都市交通体系として、鉄道の建設工事が大詰めを迎えている。予定では、7月11日から運行を開始し、当初は試運転として無料の措置をとるとエンリケ・コルネホ交通通信相より発表がありました。

「1号線」は市内中心部

4fffcdbe.jpg

リマでは都市交通の自動車への依存度が高く、大量輸送交通機関の整備が急務だったそうです。昨年、開業した、高速軌道型のメトロポリターナ・バスとともに、市内交通の軸となることが期待されています。
開業予定の「1号線」は市内中心部のグラウと、郊外のビジャ・エルサルバドルを結ぶ区間となっており、この路線の詳細はWikipediaで説明されています。

参照:Tren Urbano de Lima | Wikipedia

Líneas
1号線は、上の画像の7つの計画路線のうちの1つ、緑色の路線となります。7路線も計画して大丈夫なのかって心配はありますけど、まずは1つ目が完成したことを遠い日本からささやかに祝うことにします。後は、これが最初で最後の路線とならないことだけを祈るのみですね

また、コルネホ大臣によると、すでに5つの編成を使用した試運転が始まっています。近く、この本数を増やし、開業後を見据えた試運転などを進めていく計画みたいです。僕は、電車を中心にペルーが経済発展していくのを見守っていこうと思います。

世界の通勤電車ガイド世界の通勤電車ガイド
著者:佐藤 芳彦
販売元:成山堂書店
(2001-08)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

スポンサーリンク
文化・社会
この記事をお友達に紹介してください
プロフィール
あれはんどろ

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
スペイン語学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました