ポッドキャストに出演しました!

ウルグアイ「棺が足りない」

政治・経済

「棺」不足の危機が迫るウルグアイ

もしくは棺桶は、目立たない、というかあまり話題にならない製品ですが、常に一定の需要が見込める工業製品の一つです。

生きるものあれば、死するものもありますから、これはウルグアイだけの話でなく、葬儀に棺を使う国では同様のことが言えるます。

しかし、ウルグアイ国内における棺産業においては、ちょっと深刻な事情を抱えているようで、近年、この棺の生産を担う工場が廃業するケースが目立っており、作り手不足の事態に陥っているのです。

死者を弔う記念日などでは、棺を目にする機会が増えるのですが、そういった光景が今後も続けられるのかどうか。ウルグアイの「棺」生産の先行きが不透明であることが報じられています。

Desaparece la industria de los ataúdes en el Uruguay
En el Día de los Difuntos, miles de personas visitarán hoy los cementerios.

コメント