スポンサーリンク

チリ、国内ドライバーの高齢化が目立ち始める

Licencias de conducir registran fuerte disminución entre los jóvenes y aumentan entre mayores de 50 政治・経済
スポンサーリンク

チリ国内では、車の運転をする人の高齢化が目立ち始めているようです。

Licencias de conducir registran fuerte disminución entre los jóvenes y aumentan entre mayores de 50
En 2012 se obtuvieron 1.358.893 licencias de conducir, mientras que en 2017 la cifra bajó un 5%, llegando a 1.291.468,...

若者の運転免許書の取得率が年々低下し続ける一方、50歳以上の年齢層で需要が高まっています。より年代の高い層で自動車の需要が高まっているのが要因なんだとか。

報道によれば、2012年に国内で運転免許を取得した人は約136万人。それから5年後の2017年で取得者が約5%減少し、約129万人と免許取得者が推移しています。

2017年時点での統計では、免許取得者全体に占める17~29歳の若い世代は20%程度、50歳以上は10%を超える結果となっているとのこと。

あれはんどろ
あれはんどろ

ドライバーが高齢になると、瞬発的な判断力が低下し、重大事故を引き起こしかねません。自動運転機能を有した車を普及させるのか、運転免許制度そのものを見直すのか、今後どう取り組むのかが課題ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました