ボリビアも土砂災害からの復興に一生懸命な今

政治・経済
スポンサーリンク

0207980b.jpg

2月26日にボリビアの首都ラパス東部で発生した大規模な土砂崩れによって数千人の住まいが失われてしまいました。ボリビアも簡素な作りの住宅が多い地域だけに被害はかなり深刻です。

現在、避難している住民向けのプレハブ、テントの仮設住宅の設置も各地で進められている中、 先日ボリビア政府がエルアルト市内に1700棟分の復興住宅を設けることを決めたことが大きなニュースとなってます。

エルアルト市内に復興住宅

b3269d61.jpg

ラパス市内東部では2月26日、大規模な土砂崩れが発生し、数千人が住まいを失いました。現在、被災者らは市内の避難所で寝起きし、厳しい生活を強いられているそうです。

ボリビア政府は、エルアルト市内に1700棟分の復興住宅を、6ヶ月以内に完成させることを明らかにし、エルアルトの第2、7、8地区に建設する計画で、すでに土地を確保。復興住宅建造に向けた具体計画の策定に動いているようです。

ニュース映像


要約すると、100ヘクタールほどの地域が被害に遭う。未だに土砂災害の影響が出ており雨が振るたびに土砂が崩れるところもあるという。水不足、燃料不足が深刻な状況とのこと。

エルアルトの位置

ボリビアの首都ラパスからほど近い。

大きな地図で見る

被災地の状況は悲惨の一言につきる

首都ラパス東部の被災地の写真。悲惨です。
_bolivia_
5486601212_8dc246d0dc_z
5486006565_123fa756c8_z
5486006017_cd42096fa5_z
ニュージーランド、ボリビア、日本と世界中が何らかの自然被害に遭遇している現状を考えると、今後の自分の身の安全をどう確保するかが大きな問題であり、最大の不安要素です。

参照:Construirán bloques de departamentos

コメント

タイトルとURLをコピーしました