コスタリカ、未成年の携帯電話利用に懸念の声

文化・社会
スポンサーリンク

Photo:Nokia 1600 By:sebleedelisle
Photo:Nokia 1600 By sebleedelisle

携帯電話の問題は世界に広がってます。コスタリカでも携帯電話などの移動通信端末の利用によって、子供たちが様々な危険にさらされている現状に懸念の声が高まっています。

日本でもずいぶん深刻な話題となっていましたが、ついに中南米でも同様の話題が出ているのです。

日本とよく似た状況に陥るコスタリカ

技術の日進月歩はめざましく、日本じゃずいぶんとこの手の犯罪に巻き込まれた子どもがいますよね。中にはネット上のコミュニティから仲間はずれの状態にされたことでこの世をさってしまう始末…。

情報端末を通した犯罪や子供たちの抱える諸問題が日本だけじゃなくコスタリカにおいても同様の事態に陥っているみたいです。

コスタリカも深刻な状態になりつつある

コスタリカでも、学校現場において携帯電話がほんとうに必要なのかという疑問が高まっています。

親の気持ちとしては子供たちが安全であることが第一なので、携帯電話の利用禁止を求める声があったり、何かしらの措置を図る動きも出始めているんだとか。便利なものも使い方によって罪を犯す事になりかねません。とにかく注意を呼びかけ、犯罪に手を染めないように監視するしかないとメディアでは結論づけられています。

携帯電話の普及によって発生した今回の問題。技術の進歩が裏目にでる事例の一つなんでしょうね。

参照:Estudiantes se exponen al hampa por celular|aldia.cr

コメント

タイトルとURLをコピーしました