ベネズエラ元大統領、マイアミに墓を買っていた

文化・社会
スポンサーリンク

CAP_compro_tumba

ベネズエラの元大統領カルロス・アンドレス・ペレス(Carlos Andrés Pérez)が生前にアメリカのマイアミ州に墓を買っていたことが最近判明したようです。そんなの当たり前じゃんって思いながらニュース見てると、このペレス元大統領の場合は事情が異なるようです。

俺の遺体の上にモノを置くな

ペレス元大統領は、生前に脳梗塞を患います。
その際、家族に2つだけ死んだあとの願いとして遺言のようなものを残しました。

遺体を火葬にしないこと。
チャベスが権力にあるあいだは、ベネズエラに埋葬しないこと。

他にも前妻と無くなる直前まで共にした家族との間でもめたりしており、一般ピーポーの僕にいまいち理解出来ない出来事となっているみたいです。ただ、こちらの記事を読むと、色々と悪の手に染まっていた経歴があるようで、その刑罰をま脱げれるべくアメリカに亡命していたのです。

アメリカに埋葬するのか、ベネズエラに埋葬するのか

で、現状は、アメリカに遺体が安置されているようですが、元家族と現家族で「どこに埋葬するか」で争ってるみたい。どっちでもいいじゃんって思っちゃいますね。どうせ観光名所になるんだし。

あ、そうか!!
名所になるから、どこに埋葬するかで争ってるのか…

参照:En junio CAP y Matos compraron sendas tumbas en Miami

スポンサーリンク
文化・社会
スポンサーリンク
この記事をお友達に紹介してください
あれはんどろをフォローする
プロフィール
あれはんどろ

スペイン語を学び、インターネットの世界に一歩踏み込んだら人脈と視野が広がりました。今は、創作活動に夢中です。みなさん仲良くしてください!

あれはんどろをフォローする
学習のヒント

コメント

タイトルとURLをコピーしました